お客様の声・お知らせ・工事例

【Dr.マーレのデジャヴュ施工】パーパス(高木産業株式会社)GH-244AKH-Rからの交換工事☆

2020年01月18日

ボンジュール( Bonjour )、グーテンターク( Guten Tag )、こんにちは、ニーハオ( 你好 )、ナマステ( नमस्ते )、アンニョンハセヨ(안녕하세요?)

と、今日もご機嫌なサイバードリームの歌で始まりましたDr.マーレの施工ブログへようこそ!!

今回の施工例は給湯暖房用熱源機の交換工事例となります。

お客様宅は、東京都新宿区の高層マンションです。

お客様は、

大手ガス会社には負けんぜよ!!パーパス(高木産業株式会社)の給湯暖房用熱源機 GH-244AKH-Rからの交換工事

をご覧になり、

「じゃーうちの工事も安心、安全なDr.マーレに頼むしかないっしょ!!」

と、ご依頼をくださいました♪

それではその安心、安全なDr.マーレの工事のはじまり〜♪

交換工事前 給湯暖房用熱源機
東京都新宿区U様の交換工事前、パーパス(高木産業株式会社)のGH-244AKH-R
交換前の機種は、Dr.マーレの故郷であるパーパス(高木産業株式会社)の「GH-244AKH-R」でした。
型番より24号のオートタイプということが分かります。
「防振壁掛金具」という部材を利用し、外壁に取付けてありました。
以前もそうでしたね♪
東京都新宿区U様の交換工事前、GH-244AKH-Rの型番
BL品番は「XT-4204ARS5-SW6Q」です。
2004年の5月製造品です。
お疲れ様でございました<(_ _)>

交換工事前 リモコン
東京都新宿区U様の交換工事前、台所リモコンのMC-633
交換前の台所リモコン「MC-633」です。
もう見るものイヤなくらい設置しました。
懐かしい・・・。
東京都新宿区U様の交換工事前、浴室リモコンのFC-633
浴室リモコンは「FC-633」でした。
リモコン裏側の気密パッキンシールがしっかりしてんだこれが!!
東京都新宿区U様の交換工事前、床暖房リモコンのFHR-13
交換前の床暖房リモコン「FHR-13」です。
もう本当に過去何個設置したかわかりません・・・。
それにDr.マーレは過去を振り返りません・・・。

いたって普通の交換工事です☆
ですのでDr.マーレ以外でも交換工事は可能ですが、Dr.マーレほど高品質な施工で交換工事をできる業者さんはいないでしょう♪

実は他の業者様のお見積りを見せていただきましたが、

「なんじゃこの内容は(*_*)」

と言うようなお見積りでした×××

その他の業者様は普段から本当にそんな内容で交換工事を行っているのでしょうか・・・。

内容の変な部分をお客様に教えたところ、

「なんじゃそりゃ(; ・`д・´)」

だそうです。
当然のリアクションです。

『お客様が知らないことをいいことに商法』はまだまだ多いですね。
皆さん気を付けましょう◎

さぁそれではここからが交換工事後のご紹介となります。

交換工事後 リモコン
東京都新宿区U様の交換工事後、床暖房リモコンのFC-09DR
新しい床暖房リモコン「FC-09DR」です。
パワフル運転、室温センサー付きのいつものリモコンです。
東京都新宿区U様の交換工事後、浴室リモコンのBC-300V
新浴室リモコン「BC-300V」です。
マーレの場合、リモコンもいろいろな種類から選べるからいいですね♪
シャレオツなリモコンを選ぶのも良し、機能満載なリモコンを選ぶのも良し、シンプルで費用が抑えられるリモコンを選ぶのも良し◎
他の業者じゃ勝手に選ばれて交換されておしまいですよ▲
東京都新宿区U様の交換工事後、台所リモコンのMC-320V
新しい台所リモコン「MC-320V」です。
ちょー角ばってるぅ〜☐
東京都新宿区U様の交換工事後、リンナイのRUFH-E2405SAT2-3(A)
東京都新宿区U様の交換工事後、リンナイのRUFH-E2405SAT2-3(A)の型番
新しい給湯暖房用熱源機は、リンナイの「RUFH-E2405SAT2-3(A)」です!
交換前と同じ24号のオートタイプです。
BL品番は「HT4214BRS4SW3CM」となります。
違いと言えばメーカーと、エコジョーズ化宣言されたところですかね。

防振壁掛金具もしっかりと新しいものに交換しました◎

今回も例の如く他社様には「無くても良い」と、邪魔者扱いされた防振壁掛金具ちゃんでした。

何故インターネット格安業者様は、現在設置されているものを「無くても良い」と邪魔者扱いするのでしょうか?

何の根拠があって言っているのでしょうか??

答えは簡単!!

「格安業者様が、最大の武器である「安さ」で商品を売るため」

です。

こういったあまり見かけない部材・商品は、安く売るためには邪魔なものなんです。
金額がその分加算されますからね。
だから「無くても良い」のです。
全然大切なお客様へのためのご提案ではありませんよ×××

本当に「無くても良い」場合もありますが、Dr.マーレはその時はちゃ〜んと理由を説明しますからね◎

今回の現場においては絶対にあった方が良い防振壁掛金具ちゃんでした。

そもそも「必要だから最初から設置されていた」のです。

必要とされるって・・・嬉しいですね♪

と言うような感じで今回もDr.マーレは普通の工事を普通に行いました。

安いと言っても高いお金を払うんですから工事はちゃんとやって欲しいものですね。

業者に「これはいらない。これはいる。」って言われたらお客様からしてみれば「そうなんだぁ〜。」ってなっちゃいますよね!?

ちゃんとした業者ならそこに「何故いらないのか。何故いるのか。」などの「何故」の説明があります。

それをしないで適当に販売することが、

『お客様が知らないことをいいことに商法』

なのであります!!

皆さんはそんな詐欺まがいな商法に引っかからずに満足のいくお買い物にしてくださいね☆

以上、皆さんに必要とされたい願望が著しく強いDr.マーレでした♪


カテゴリ: 工事例


【大仏様も唸る(-_-;)】Dr.マーレのCHOFU『DBF-645Y』からの蓄熱式床暖房熱源機交換工事☆

2020年01月16日

Hi, I'm Dr.Mare. Nice to meet you !

I'm professional of floor heating system.

と、今年もインターナショナルに始まりましたDr.マーレの施工ブログへようこそ☆

今年一発目にご紹介する施工例は、

『蓄熱式床暖房熱源機の改修工事』

と言うDr.マーレのお得意な施工内容で行きたいと思います!!

お客様宅は茨城県牛久市!!
あの牛久の大仏様で有名な街ですね。
牛久の大仏様を知らない!?
茨城県牛久市の牛久大仏
全高120mもある世界一大きい大仏様ですよ!
ちょーデカいんだから!!

実は工事完了後にこっそりと寄り道していたお茶目なDr.マーレです。
写真撮りまくりでした・・・。
よかったら皆さんも是非行ってみてください。
迫力ありますよ( ゚Д゚)

それではその牛久市で行いました施工例へごあんな〜い♪

今回の床暖房システムは、ユニバーサルホーム様の「地熱床暖房」です。
簡単に言えばSRC基礎に温水パイプを埋めてしまう方法です。
「蓄熱式床暖房」と表現方法こそ違いますが原理は同じで、要は断熱性能の良い住宅の床下コンクリートを暖めて、家を冷えにくくすると言う原理です。
蓄熱式床暖房にも色々ありますね〜・・・。

改修工事前
茨城県牛久市S様の改修工事前、CHOFUのDBF-645Y
改修前の温水ボイラ(写真左)はCHOFU(長府製作所)の『DBF-645Y』です。
茨城県牛久市S様の改修工事前、DBF-645Yの型番
暖房出力6.4kWの石油式熱源機です。
茨城県牛久市S様の改修工事前、システム全体
別角度から見てもCHOFUはCHOFUです。
熱源機とオイルタンクの間にあるのはヘッダーボックスです。
茨城県牛久市S様の改修工事前、システム全体(2)
オイルタンクは90Lタイプでした。
まだまだキレイですね◎
が、しかし!
茨城県牛久市S様の改修工事前、暖房リモコンのCMR-1003
リモコンは『CMR-1003』が設置してありました。
現役バリバリの古き良きリモコンです。
が、しかし!!


今回の改修工事内容はと言うと、

◇熱源を石油から電気(ヒートポンプ式)に変更
◇200V電源の新規配線(神業施工☆
◇オイルタンクの撤去
◇不凍液交換
◇大仏見学

と、盛沢山となっております。
つまりいつものDr.マーレであります!!

んじゃここから↓が改修工事後のご紹介となります。

まずは新規に200V電源線の神業隠蔽配線です。
茨城県牛久市S様、200V電源線の神業施工前
↑何もない外壁に・・・↑

↓はい!ひょっこりはん!!↓
茨城県牛久市S様、200V電源線の神業施工後
以上で配線工事は完了です◎
毎度毎度簡単に工事をしていると思われがちですが、やれるもんならやってみなさい。
外壁に穴をあけるのってすっごいドキドキしますよ。
絶対後戻りできませんからね・・・。
でも私、失敗しないので(^_-)
茨城県牛久市S様の改修工事後、暖房リモコンのCMR-2611
新しいリモコンは『CMR-2611』です。
今回の蓄熱式床暖房の場合、この多機能リモコンくらいがちょうどよいですね♪
Dr.マーレほどの達人にもなると、蓄熱式床暖房のシステムによって、リモコンまでも使い分けます。
茨城県牛久市S様の改修工事後、ヒートポンプ式温水熱源機設置
撤去したオイルタンクの位置にヒートポンプ熱源機を設置しました。
仕上がりのキレイさを考慮すると、場所的にはここが一番最適と判断しました。
本体右側の外壁からは、先ほどひょっこりはんした配線が取り出され、熱源機に接続されています。
※要電気工事士※
茨城県牛久市S様の改修工事後、システム全体
別角度から!!
実は写真左側のヘッダーボックスの中にも高難易度な施工が繰り広げられています。
これもすべては見た目のキレイさのためです。
なかなかDr.マーレのこういう部分ってお客さんに伝わらないんだよなぁ〜・・・。
こういう部分を【金額の安さ】で業者を選び、依頼すると・・・って話なんですよ。
茨城県牛久市S様の改修工事後、CHOFUのAEYH-0642X
新しい熱源機は、CHOFUのヒートポンプ式温水熱源機『AEYH-0642X』です。
茨城県牛久市S様の改修工事後、AEYH-0642Xの仕様
見よ!この仕様を!!
すんばらしい!!

あっ!
写真撮ってませんがもちろん不凍液交換も行っております◎

これでこれからはオイルタンクに灯油を入れる手間がなくなり、灯油代の値上がりも気にせず快適な設備が安心して引き続き使えますね♪

今年もやっぱり書きますが、

「蓄熱式床暖房の熱源機交換工事」

は専門的な知識がない業者が行うと失敗します。

特にインターネットでポンッ!!って出てくる業者の場合はさらにその可能性が膨れ上がります×××
給湯器ですらまともに交換できない業者が多いですからね×××

Dr.マーレは今年もこのように、専門的な工事をバンバン高品質な施工で行っていきたいと思います♪

給湯器はもちろん床暖房熱源機も10年以上使う設備機器です。

価格はもちろんのことですが、安心度合い、技術力、販売力(ご提案内容)、人間性、等を総合的に見ていただいて業者を選んでいただければ嬉しいです。

変な業者に依頼して「失敗したぁ〜・・・・。」と後悔する方を少しでも減らせたら良いですね☆

以上Dr.マーレの大仏様もビックリな熱源機改修工事でした☆

皆さん改めて今年もシクヨロ〜☆



カテゴリ: 工事例


【-100 × -100 = 10000!!】チューチューマーレの新年のご挨拶☆

2020年01月08日

少し遅くなりましたが、皆さん明けましておめでとうございます♪

今年も良い年にしましょうね☆
 
今年も例年通り高品質なご提案、施工、アフターフォローまっしぐらで突き進んでいこうと思っているDr.マーレです。

今年はついに東京オリンピックが開催されますね!

どんなドラマが待っているのでしょうか・・・。

オリンピックに出場される選手の皆さん!

簡単な言葉しか言えませんが、

「頑張ってください!!」

出場することだけでもすごいことですけど、我々一般人はやっぱりあれを期待しちゃいますよね・・・「金メダル」

もちろん選手の皆様はそこを目標に日ごろトレーニング等を行っているのでしょう。

じゃーDr.マーレも目標を宣言しないとそりゃあ失礼にあたります。

では目標を宣言致します!!

目標は高くいきます!!

「ケガや病気に気を付けて、元気に一年間過ごします♪」

どうだ!!?

結構難しいと思いません??

売り上げ目標や、目標販売台数なんて設定してしまうと、そればっかりに気を取られて適当なご提案や、低品質施工の薄利多売方式に繋がります。

それではDr.マーレの良い所が消えてしまいますので、あえてそんな目標は設定せずに、

「目の前のお仕事を真心込めてコツコツと」

のスタイルで今年も突っ走りたいと思います。

まだここでは詳しく言えませんが、Dr.マーレの今年はまた違った業務で多忙になる可能性が激高です!!

給湯器交換や、熱源機交換等を行っている暇が果たしてあるでしょうか!?

『違った業務』と言うのがユーチューバーなのか、都議会選への立候補なのか、サッカープレミアリーグへの移籍なのかは内緒ですが、ものすごいことやっちゃうんだから♪

何をやるかはご依頼いただいた方だけに教えますね♪

だってご依頼いただいた方にとってプラスになる可能性が高い内容のことですから・・・。

『違った業務』 が成功するかはやってみないとわかりませんが、何事もやってみないと始まりません!!

「もし失敗したら・・・」

なんて怖気づいてたら何も変わりません。

失敗しても再度挑戦し続け、いつかそれが成功したら、

「失敗」=「成功までの過程」

となります。

というわけで、今年もDr.マーレはさらなる高みを目指し続けます!!

失敗しても決して下を向かずに上を見ましょう!!

超プラス思考で行きましょう♪

皆さん今年もよろしく〜♪

【プラスになるまでマイナスをかけ合わせ続けるDr.マーレより】



カテゴリ: お知らせ


給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop