お客様の声・お知らせ・工事例

Dr.マーレの失敗しない給湯器交換工事業者の選び方☆

2020年07月03日

Google、Yahoo!、Bing等の検索サイトで「給湯器 交換」と調べると、

「給湯器交換工事〇〇円〜!!」

「給湯器本体〇〇%OFF!!」

等のいかにも安っぽく、そのまま「安さ」を売りにした業者ばかり・・・。

どうせ工事は下請け業者に行わせる素人販売業者なのでしょう。

確かにたくさん台数を売るためには価格を下げることが簡単で一番手っ取り早い営業方法です。

でも❝販売価格を下げる❞ということはどういうことか皆さんにはわかりますか?

そんなことは全く考えたこともない皆さんに、今回は私、Dr.マーレが「給湯器交換工事」とは一体何なのかを詳しくお伝えします。

☆『給湯器交換工事費用』というもの
給湯器交換工事費というものは、=給湯器本体+必要部材(リモコン含む)+工事費+消費税10%
で成り立ちます。

この項目の中で、一体どの項目で業者間に価格の差が出るのでしょう?

①消費税10%
この項目は日本で暮らしているからには必要なものです。
これを消費税3%で販売している業者はありません。
あるいは脱税をしている業者かもしれません・・・。
とにかくこの項目はどの業者にも差はなく、また必要不可欠です。

②必要部材(リモコン含む)
この項目は給湯器の設置状況によって変わってきますが、どの業者にお願いしても大体同じ内容で、差額もほとんどありません。

「給湯器交換工事〇〇円!!」

のような表記をしている業者の場合は、その「」にこの項目は入りますので、費用は追加されていきます。
そのような業者の場合は「必要部材で利益を伸ばす」という営業スタイルの業者が多い傾向がありますので、逆に割高になっていきます。

もしくはお見積りには必要部材を算入せず、工事当日に、

「この部材がないと給湯器は使えません。はい追加費用いただきます♪」

というゲス販売をしている業者をDr.マーレは知っています。

③給湯器本体
この項目は業者によってかなり変わってきます。
インターネット販売により販売台数が多い業者と、町の水道屋さんのようにあまり販売台数が多くない業者の間には相当な開きが出ます。
しかし実際は給湯器のメーカー側も、たくさん売りたいという意向から、販売台数に関係なく比較的安価にどの業者にも卸してくれます。
それがインターネット販売を行っている業者であれば尚更です。
でもメーカーにも限界がありますので、

「なんと〇〇%OFF!」

等と、目を疑うような価格で業者がお客様に販売することは考えられません。
目を疑うような価格で販売している業者は、何かいけない裏ルート、もしくは業界のルールを完全に無視したことを行っていることになります。
怖っ( ゚Д゚)

④工事費
ここが『給湯器交換工事費用』の一番の分かれ目です。
「工事費20,000円」という業者もあれば、「工事費40,000円」という業者もいます。
中には「工事費0円」なんて業者もあります。

ではそもそも工事費って一体何なんでしょうか?
工事費とは(※一般的なおいだき付きガス給湯器の場合)

・既存品撤去工事(現在設置されている古い給湯器を外す作業)
・給湯器設置工事(新しい給湯器を設置する工事)
・給水管接続工事(給湯器に入る水の配管を本体に接続する工事)
・給湯管接続工事(給湯器から屋内に送られるお湯の配管を本体に接続する工事)
・ガス接続工事(ガス給湯器には欠かせないガス管を本体に接続する工事)
・電源、信号線接続工事(リモコン信号線や電源線を本体に接続する工事)
・処分費(撤去した給湯器や、工事の際に出た産廃物を持ち帰り処分する費用)
・出張費(会社からお客様宅まで工具を持って出向き、また帰ってくるためにかかる経費)

等のような項目に分けられます。
この項目や具体的な内容は業者によって様々です。

処分費を別にする業者もいますし、ガス接続工事を別にしちゃう業者だっています。
中には古い給湯器を外し、新しい給湯器を設置するまでが「給湯器交換工事」で、それ以降の配管工事などについては「配管接続工事」として別費用にする業者もいます。

これらの工事費は、20,000円や、40,000円や、時には0円にする業者もあります。

これってどういうことでしょう???
具体的過ぎる例を出しちゃいます。

例:ある業者がお客様に給湯器の販売・施工を行うためお見積りをしています。
【条件】
・定価合計100,000円(税込)の給湯器と必要部材の仕入れ価格は50,000円(税込)です。
・自社の利益は40,000円(税込)としました。
・お見積りトータル価格は90,000円(税込)としました。

Q.さぁお見積りの工事費はいくらにすれば良いでしょうか??

簡単な計算問題です。
皆さんわかりますか?

A.0〜90,000円(税込)ならいくらでも良い

です。

【解説】
上記の【条件】から商品仕入価格が50,000円、自社利益は40,000円、お見積り価格は90,000円と決まっています。

であれば、すでに

50,000+40,000=90,000

の計算が成り立っています。

したがってお客様向けのお見積りは、

①定価100,000円で、50%OFFの50,000円+工事費40,000円=90,000円
定価100,000円で、90%OFFの10,000円+工事費80,000円=90,000円
定価100,000円で、10%OFFの90,000円+工事費0円=90,000円

のどれでもいいんです。

現実問題②と③のお見積り内容ではお客さんは魅力的に感じてくれないでしょう。
ですので①〜③の中での最適なお見積もりは①になります。
商品もお得に感じて、工事費も適正価格です。

このように商品価格、工事費なんてものはいくらでも辻褄を合わせることができるんです。
要は仕入れ価格を下回ることなく、どれだけ自社利益を乗せて販売できるかの勝負なんです。

ですので、このように工事を下請けに行わせる販売業者にとっては「工事費」なんてどうでも良い項目なんです。
工事は何をするかもわかっていませんし、下請け工事業者がどんな工事を行うかなんてまったく興味がありません。
工事については、

「自社利益の40,000円の中から如何に安く下請け業者にやらせるか」

しか考えていません。

一方下請け業者は自社利益40,000円の販売業者から、そのまま工事費として40,000円なんてもらえるわけありません。
せいぜい良くて25,000円程度でしょう。
大体は15,000〜20,000円程度ではないでしょうか?
さらに安い工事費用の下請け業者さんもいます。

そんな工事費で、最初の方に書いた、

・既存品撤去工事(現在設置されている古い給湯器を外す作業)
・給湯器設置工事(新しい給湯器を設置する工事)
・給水管接続工事(給湯器に入る水の配管を本体に接続する工事)
・給湯管接続工事(給湯器から屋内に送られるお湯の配管を本体に接続する工事)
・ガス接続工事(ガス給湯器には欠かせないガス管を本体に接続する工事)
・電源、信号線接続工事(リモコン信号線や電源線を本体に接続する工事)
・処分費(撤去した給湯器や、工事の際に出た産廃物を持ち帰り処分する費用)
・出張費(会社からお客様宅まで工具を持って出向き、また帰ってくるためにかかる経費)

のすべてをしっかりと丁寧にできるでしょうか?

Dr.マーレは絶対できませんね・・・。
超適当な工事をします!!(断言)
下請け工事業者さんも同じ気持ちでしょう。

近年のインターネット販売形式は、

「工事はできないが集客はできるWEB業者」と「集客はできないが工事はできる工事業者」の組み合わせによって成り立っています。

しかし同じような販売業者が増え始めたため、WEB業者は他社に負けまいと価格をどんどん下げます。

そのしわ寄せが「下請け工事業者」と、「工事をされるお客様」に来ています。

「工事業者が企業努力をして販売価格を下げ、お客様を取り合う」

なんて時代はとっくに終わっていて、現在は、

「WEB業者が自社利益のために下請け工事業者、お客様を犠牲にして販売価格を下げ、お客様を取り合う」

という時代になっています。

そのような素人販売業者に「価格」で釣られ、工事を依頼すると結構な確率で失敗してしまいます。

失敗しないためには、「低価格」をある程度諦め、自社販売、自社施工を行っているちゃんとした「プロの工事業者」にお願いするしかありません。

皆さんには是非「適正価格」で「高品質」な「プロの工事業者」による工事で、安心してもらいたいですね♪

その「プロの工事業者」にお願いするためには・・・

こちらをご覧ください♪


カテゴリ: お知らせ


東京都立川市O様 Dr.マーレの水栓金具交換♪

2020年07月03日

どうも皆さんこんばんは。

早くて、安くて、安心なDr.マーレです。

今回は、できそうでできない水栓金具の交換工事例となります。

って言うておりますけども、何で水栓金具の交換って❝できそうでできない❞んだと思いますか?

1、工具がないとできないから
2、やる気スイッチを押さないとできないから
3、水栓金具にも様々な種類があるため、ちゃんと適合したものを選ばないと取付工事ができないため

1〜3のどれだと思いますか??

答えは・・・・全部です◎

水栓金具の交換工事とは、❝工具を持っていて、適合品を選ぶことができる、やる気のある業者❞にしかできない工事なんです。

ですので簡単そうに見えて実は奥が深い工事なんですよ!

それを知ってか知らずか、こういった水栓の交換工事を行う業者には、「お客様が知らないことを良いことに商法」を行っている業者が多数います。
まぁそれを言ってしまえばリフォーム業すべてがそれに当てはまってしまうんですけど・・・。
怖いなぁ〜怖いなぁ〜・・・。

そんな業者に騙されないように皆さん気を付けてくださいね☆

交換工事前
※2018年施工です。
洗面水栓
東京都立川市O様の交換工事前、洗面水栓
交換前の水栓金具です。
洗面化粧台に取付てあります。
水側(向かって右)のハンドルが割れてしまい、お客様がテープで応急処置をしたため、ラグビー選手のヘッドギアのようになっています。
お客様はものすごい気になっていたそうです。

キッチン水栓
東京都立川市O様の交換工事前、台所水栓
台所用の水栓金具です。
「ワンホール型、シングルレバー混合水栓」という種類のキッチン用水栓です。
シンクには穴が1つ空いていて、お水、お湯の配管はその穴から水栓に接続されています。
写真で見えるかもしれませんが、水栓根本から水が漏れてしまっていて、その跡がシンクについてしまっています。

浴室用シャワー水栓
東京都立川市O様の交換工事前、浴室シャワー水栓
最後は浴室用シャワー水栓です。
見ての通り使用年数が長いため全体的に劣化しております。
浴室の水栓は故障はなかったのですが、

「見た目が古臭いから交換したい」

というお客様のご希望により同時に交換です。

以上3つの水栓交換にも、問題なく交換するためには、様々な部分を考慮する必要があります。
さらにそこに加え使い勝手や機能を重視しながら新しい水栓金具を選定する必要があります。

給湯器交換の場合は、ほとんど現在の機種の「後継品・取替推奨品」がメーカーで製造されています。
その「後継品・取替推奨品」がどれかは、給湯器メーカーに聞いたり、他社のサイトを見れば誰でも調べることができます。

水栓金具交換の場合だと、商品の後継品は廃番になっていることもよくあります。
その場合、❝どのメーカーの、どの水栓金具が設置可能か❞までの判断も業者側でする必要があります。

その判断ができないので、素人インターネット業者は手っ取り早い「誰でもできる給湯器交換」へ偏る傾向があります。
だからインターネット業者には「給湯器交換工事業者」が多いのです。
マーレの場合は違いますよ(゚Д゚;)

と言うことでDr.マーレがお客様のご希望を聞いた上で設置可能な機種を選定した新しい水栓金具をご覧ください☆

交換工事後
浴室用シャワー水栓
東京都立川市O様の交換工事後、TOTOのTMGG40EW
新しい浴室シャワー水栓はTOTOの「TMGG40EW」です。
シャワーの出す、止めるの操作が手元ででき(クリック)、節水、節湯に効果的な「エアインシャワー」の商品です。
光り輝いています☆

キッチン水栓
東京都立川市O様の交換工事後、KVKのKM5011U
新しい台所用水栓は、KVKの「KM5011U」です。
「シンプルで安いもの」
というお客様のご希望により、取付が可能で比較的安価なこの機種を選定しました。
新しいものって良いですね◎

洗面水栓
東京都立川市O様の交換工事後、TOTOのTLHG30EG
新しい洗面水栓はTOTOの「TLHG30EG」です。
ゴム排水栓のシンプル水栓です。
でもお湯の無駄遣いを防止する「エコシングル水栓」になっています。
これで洗面化粧台でお水を使うことが楽しみになりますね♪

工事完了後、お客様より、

「とにかく安い商品で簡単に終わらせず、ちょっとの差額でこんなに綺麗で使い勝手の良い商品を選んでくれてありがとう♡」

と言っていただけました♪

しっかり調べてご提案して良かったな♪と思える瞬間です☆

Dr.マーレは褒められたり、お礼を言ってもらえるのが大好きです。そのためなら全力で良いご提案をしようと思っています。

そのDr.マーレ自身がして欲しいことのために行ったことが、結果的にお客様のためになるならこんなに良いことはありません。

その思想があれば東大和市議会議員選挙に立候補してもいいのではないかと思っています。
まぁ知名度もないし、資金もないし、そんな立派な人間でもないんで歴史的な大敗に終わるんでしょうけど・・・。

ですのでコツコツと皆さんの信用を得て行きたいと思います。

何か住宅のことで困ったことがあったらマーレにご相談くださいね☆

暮らし、安心、Dr.マーレ☆より


カテゴリ: 工事例


【横浜市都筑区M様】ノーリツ ガスふろ給湯器『GT-2427SARX』からの高品質交換工事☆

2020年06月25日

皆さんおはようございます。或いはこんにちは。或いはこんばんは。或いはおやすみなさいzzz
24時間365日Dr.マーレであり続けるDr.マーレです。

今回の工事例は、ノーリツの屋外据置形、ガスふろ給湯器の交換工事例となります。

お客様宅は横浜市都筑区の閑静な住宅街でした。

マーレにご依頼いただけた決め手は❝丁寧な提案❞です◎

・この機種からこの機種への交換は○○が変わりますよ!
・○○に変わったらリモコンはこれがお勧めですよ!
・もしくはこっちの機種になったらリモコンはこっちの方が良いですよ!

等々、いわゆる給湯器本体だけを交換する「器具屋」には決してできないほどのご提案をさせていただき、Dr.マーレが信用を勝ち得ました◎

やはり世の中の需要は「ただ安い」から「丁寧で安い」にシフトして行っていますね♪
良い傾向です◎
もう「ただ安い」は時代遅れとなりつつあります。

さぁ高品質施工時代の幕開けです♪

高品質施工前
神奈川県横浜市都築区M様の交換工事前、ノーリツのGT-2427SARX
交換前のガスふろ給湯器は、ノーリツの「GT-2427SARX」でした。
給湯能力24号で、オートタイプの機種です。

神奈川県横浜市都築区M様の交換工事前、ノーリツのGT-2427SARXの型番
2004年1月製造品です。
2004年とは日米通じてのレジェンド、イチローさんが前人未到の大記録であるシーズン最多安打記録を262本に84年ぶりに更新した年です。

神奈川県横浜市都築区M様の交換工事前、台所リモコンのRC-7601M
交換前の台所リモコン「RC-7601M」です。
このリモコンもノーリツのレジェンドです。

神奈川県横浜市都築区M様の交換工事前、浴室リモコンのRC-7601S
浴室リモコン「RC-7601S」です。
まだまだ現役でご使用中の方も大勢いるのではないでしょうか?

これらを、Dr.マーレが高品質施工で交換していきます☆

ところで最近Dr.マーレって❝設備更新工事以外のあること❞をよく行っており、お客様に喜ばれております。

この❝設備更新工事以外のあること❞とは、給湯器だけじゃなく、他の住宅設備や住宅構造、内装から建具など、住宅すべてのことに詳しく、さらにまた違った内容のことについても日々勉強し、さらにさらに普段からお客様に対し真摯に向き合いながら業務を行っているマーレだからこそできる内容なのです!

給湯器の交換しかやっておらず(て言うか給湯器の交換しかできない)、給湯器以外のことに関しては超ド素人みたいな業者じゃ100%真似できません!!

実際に今回の施工例のお客様は、その❝設備更新工事以外のあること❞に興味を持っていただけたので、Dr.マーレから詳細な説明をし、ご提案をいたしました。

すると、
「それだったらマーレさんにお願いするしかないっしょ!!」

と、喜んでご依頼くださいました。

でもその❝設備更新工事以外のあること❞についてはここでは言えません(~x~)
でも間違いなく世のため、人のためになる内容だと思います。

給湯器の交換工事自体は何も難しいことはなく、Dr.マーレのいつもの高品質施工で行いました◎

高品質施工後
神奈川県横浜市都築区M様の交換工事後、浴室リモコンのRC-G001SPE
交換後の浴室リモコン「RC-G001SPE」です。
噂の「G001シリーズ」のリモコンです。

神奈川県横浜市都築区M様の交換工事後、台所リモコンのRC-G001MP
台所リモコンは「RC-G001MP」です。
浴室・台所合わせて「RC-G001PEマルチセット」です。

それにしてもDr.マーレってよく「G001シリーズ」のリモコンを設置しますね。

これは「G001シリーズ」のリモコンの存在すら知らないお客様に対し、このリモコンにすることで❝どんな機能が増えるのか?❞等をちゃんと説明をした後にお勧めしているからなんです。

「ただ安い」素人業者では、このようなリモコンの存在を教えてはくれません×××
適当なリモコンを選ばれ、お見積りされて終了です。

教えてくれなければお客様も知る由がありません。

「そんな良いリモコンがあったなら、そっちにすれば良かった・・・。」

と後悔する方も多いと聞きます。

「ただ安い」で業者を選べばそうなります。

Dr.マーレはそのような商品について等のご提案をしっかりします◎

さらに❝設備更新工事以外のあること❞もご提案します♪

神奈川県横浜市都築区M様の交換工事後、ノーリツのGT-C2462ARX
神奈川県横浜市都築区M様の交換工事後、ノーリツのGT-C2462ARXの型番
新しい給湯器は、ノーリツのガスふろ給湯器「GT-C2462ARX」です。
オートタイプからフルオートタイプへとグレードアップです♪
そして誰がどう見たって「高品質施工」で仕上がっています。

まぁ給湯器はこんな感じです♪

今回のお客様宅では❝設備更新工事以外のあること❞が結果的には主役となりました♪

これから住宅設備機器の更新工事を行う皆様!!

「給湯器しか交換できない」ような素人業者に工事を依頼するなら、「住宅のことなら何でも相談できて、さらに良いことがある」Dr.マーレに依頼した方が良いですよ♪

決して嘘ではありません!

まぁそれでも「ただ安い」業者にお願いしたいならそっちにしてください。
選ぶのはお客様ですから。

ただ「給湯器しか交換できない」ような素人業者ではそこから先がないことは承知しておいてくださいね☆

☆工事を依頼すると何か良いことが起こりそうな設備業者 マーレより☆


カテゴリ: 工事例


給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop