お客様の声・お知らせ

【業界裏話編☆】Dr.マーレの三菱エコキュート『SRT-HP37W2』からの交換工事☆

2022年06月01日


この世知辛い世の中、皆様はどうお過ごしでしょうか?

価格に釣られて変な業者に変な提案、変な工事をされていないでしょうか?

どうも!Dr.マーレです。

またまた久しぶりの施工例となります。

普段はこの「ためになる☆Dr.マーレのおもしろ施工ブログ」には、「自社販売・自社施工」での施工例ばかりを載せているわけでありますが、
今回はちょっと内容を変更し、他社様が商品を販売し、マーレが交換工事のみを行ったお客様宅での交換工事にしようと思います。

心してご覧ください( ゚Д゚)キャー

ソレデハハジマリハジマリ・・・

まずは交換前のエコキュートから・・・
東京都文京区Y様の交換工事前、三菱のエコキュート、SRT-HP37W2
このエコキュートは、三菱のセット形名「SRT-HP37W2」というエコキュートです。
ご覧の通り手前が貯湯タンクユニットで、奥がヒートポンプユニットの組み合わせです。
おっと!?

東京都文京区Y様の交換工事前、貯湯タンクのSRT-HPT37W2
貯湯タンクユニットの形名は「SRT-HPT37W2」とあります。
記載されている通りタンク容量370Lのタンクです。

東京都文京区Y様の交換工事前、ヒートポンプユニットのSRT-HPU45A2
ヒートポンプユニットの形名は「SRT-HPU45A2」とあります。
2007年製ですね。

東京都文京区Y様の交換工事前、浴室リモコンのRMC-BD2
交換前の浴室リモコン「RMC-BD2」です。
理由はないけどなんか三菱って感じのデザインですね。

東京都文京区Y様の交換工事前、台所リモコンのRMC-KD2
交換前の台所リモコン「RMC-KD2」です。
やっぱり三菱っぽい感じがするのは何故だろう・・・。

ところで最初の写真で「おっと!?」と書きましたが、何が「おっと!?」なのかわかりますか?

答えは簡単!

「屋上設置やないか〜い!」

です。

なぜ最初の1枚の写真だけでわかるかって??

それはDr.マーレはプロだからですよ☆

しかしプロのDr.マーレにとってそんなことはどうでもよく、本当に気になった部分が他にありました。

今回の販売・施工の元請け業者は、マーレのようなチャイチー(小さい)な会社くらいデコピンで吹っ飛ばせるくらいの、皆さんもよく知っている大大大大大手様様様様様でございます。

その元請け業者様より1枚目の写真はいただきました。

販売は自社で行い、工事は下請け業者に行わせる場合の普段の流れからすると、

1・元請け業者から下請け業者に、工事内容の説明&工事費用の見積り依頼が来る。

2・下請け業者(今回はマーレ)は、もらった情報を基に工事費用の見積もりをし、元請け業者に提示する。

3・下請け業者からの工事費用の見積もりを基に、元請け業者の販売経費や利益を乗せ、お客様には「商品代+工事費用」のお見積り金額を提示する。

みたいな流れですかね。

でも上記1〜3のような流れの中では、結構様々なやり取りが繰り広げられているのです。

それがこちら↓

☆重要☆
元請け販売店にも様々な方々がいらっしゃいまして、

<a>工事のことは詳しくわからないので、必要であれば部材、商品は支給します。
  他必要なものがあれば工事費用をもう少し見ますので、そちらで用意してとにかくしっかり工事してくださいね☆

という販売店もいれば、

<b>必要な部材、商品があれば用意して支給します。
  支給するので工事費用は○○円くらいまで安くなりませんかねぇ〜・・・。
  お客さんにはそれらのような部材、商品を算入した見積りをしなかったんで・・・。

という販売店もいます。

さらには、

<c>支給した部材、商品のみで安く工事を終わらせてください。必要部材??そんなもん知るか!!

という信じられない販売店もいるんです。

上記3種類の元請け販売店から工事を依頼された下請け工事店にもこれまた様々いらっしゃいまして、

<1>うちは下請けだから元請けから支給された部材、商品で言われた通りに工事すればいいっしょ!

という工事店もいれば、

<2>工事するにはこれらの部材、商品が必要です。支給してください!

という工事店もいます。

さらには、

<3>しっかりと工事するにはこれらの部材、商品を支給してください。また今回の工事の場合、AがBになるので、その対処も必要になります。対処するにはこんな材料と手間ももちろんかかるので、工事費用もそれなりに見といてくれると嬉しいです。
※マーレは下請けで工事を行う場合、<3>の下請け工事店となります。元請け販売店からすればめんどくさい下請け工事店でしょうねwww


さぁあなたは上記<a>〜<c>と、<1>〜<3>、どの組み合わで販売、施工をしてもらいたいですか??

最高の組み合わせ = <a> + <3> ですね☆

品質の高い販売、施工となるでしょう。でもその代わりお見積り金額は高めになりがちです。
そりゃ当たり前です。
安い場合ももちろんあります◎

最低の組み合わせ = <c> + <1> です・・・。

交換が必要である部材はもちろん再使用され、後々のことを考えない品質の低〜い工事をされてしまうでしょう。
でも見積り金額は安いんじゃないでしょうか?
逆にどこよりも高い場合もあります。

↑これらを踏まえて今回の販売、施工レベルを忖度なしで言っちゃいますね。

今回の組み合わせは・・・、

<b><3>

でした。

中の上ってとこでしょうか?

厳密にはDr.マーレが<c>から<b>に押し上げた感じでしょうか?

この写真を見てください↓
東京都文京区Y様の交換工事前、ヒートポンプ配管
黄色い線でなぞった配管は、「ヒートポンプ配管」という、貯湯タンクとヒートポンプユニット間でお水やお湯が循環する配管です。
経年劣化により外皮がパリパリになっています・・・。

最初はこの配管、な・な・な・なんと再使用の予定でした。
そこをこのDr.マーレがSTOPをかけ、新しく適切なヒートポンプ配管を支給させました。
だって劣化し放題じゃん・・・。
接続部からも漏れてるし・・・。

その他にもリモコンセットが無くて現場で1〜2時間待たされたり、担当者がリモコンを持って来てくれたと思ったら今度は脚部カバー(貯湯タンク下の配管を隠すカバー)が無くてまたまた1〜2時間待たされたり・・・。
結構散々な現場でした・・・。

まぁ結果的に時間がかかった以外ではお客様には迷惑をかけていないと思うので、良しとしますか☆

ということで工事完了後の新しいエコキュートをご覧ください。
東京都文京区Y様の交換工事後、浴室リモコンのHFR-BFAD3
新しい浴室リモコン「HFR-BFAD3」です。
やっぱりDr.マーレが施工すると綺麗に仕上がりますね。

東京都文京区Y様の交換工事後、台所リモコンのHKR-MFAD4
台所リモコンは「HKR-MFAD4」と言うらしいです。
「電力契約設定」もしっかりやるところがDr.マーレらしいですよね。

東京都文京区Y様の交換工事後、ハウステック(コロナ)のヒートポンプユニット、HHP-YA453
新しいヒートポンプユニットはハウステック(製造元はコロナ)の「HHP-YA453」と言います。
コロナも名前に負けず頑張っております!

東京都文京区Y様の交換工事後、ハウステック(コロナ)の貯湯タンクユニット、HTU-Y37AY4
貯湯タンクユニットは「HTU-Y37AY4」と言い、容量370L、最高使用圧力「190kPa」のタンクです。
190kPa・・・う〜ん・・・。

東京都文京区Y様の交換工事後、ハウステック(コロナ)のエコキュート、HHP-Y37AY4
最後にシステム全体です。
システム形式は「HHP-Y37AY4」と言います。


やっぱりエコキュートは「搬入勝負」なところがあります。
新品の商品に傷付けちゃやばいっすからね。
商品の傷は、どんなに時間が経とうとも、どんなに慰めようとも癒えることはありませんから・・・。

元請け販売店様は、今回の工事も完全にDr.マーレに救われましたね。

実は温厚で有名なDr.マーレも今回の工事内容には結構怒っています。(寝たら治りますけど)

それでもなお偉そうな態度とるならもう工事はやりません。

貴社の工事を行わなくとも、Dr.マーレには待っていてくれているマーレファンが大勢いますからね。

マーレファンのみんな!いつも応援してくれてありがとう!!

みんなの声援がDr.マーレのカとなり、毎日頑張ろうという気持ちにさせてくれます☆

これからも応援よろしく☆


最後はだいぶ痛々しい感じで終わりにします。

それにDr.マーレのカとなり、って書きましたけど「力(チカラ)」じゃなくて「カ(カタカナのカ)」って書いてます。

気付きました??

そんじゃそーゆーことで〜☆

※本当は今回の工事で、元請け販売店様はとてもここに書けないようなことをやらかしてしまっています・・・。
 Dr.マーレがなんとか対処しようとしましたが、それでもやっぱり限界があり、アウトな内容でしょう・・・。
 元請け販売店様の今後のためにも何があったかはここには書かず、Dr.マーレの胸の中にそっとしまっておこうと思います・・・。

業者選びは計画的に・・・。
Dr.マーレ


カテゴリ: 工事例


給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop