お客様の声・お知らせ

これが噂のマーレブランド!ノーリツ GH-10000W からの暖房システム改修工事

2018年11月21日

どうも!高品質施工とバカ丁寧な対応で有名になりつつDr.マーレどぇす!!

久しぶりの施工例のご紹介となってしまいました・・・。
ファンの皆様申し訳ない(>_<)

まず今回の施工例に題名を付けたいと思います。
今回の施工例は・・・

『そうは問屋が卸さない!Dr.マーレの良いとこ取りハイブリット暖房システム改修工事!!』

と名付けちゃいます♪

では早速ご覧くださいな◎

改修工事前 システム全体
さいたま市浦和区F様の改修工事前、ノーリツ GH-10000W & ヘッダーボックス
屋外に設置してありますのは、ノーリツのガス暖房専用熱源機 GH-10000W と ノーリツのヘッダーセット STHヘッダーボックスM です。
これを見ただけで温水暖房設備工事の達人Dr.マーレは、
「ほほう・・・おぬしなかなかやるのぅ・・・」と思います。
さいたま市浦和区F様、改修工事前の熱源機型番
改修前の熱源機ラベルです。
暖房能力10,000kcal・・・なるほどね。
このシステムなら新機種も10,000kcal/hで行きましょう♪
さいたま市浦和区F様、改修工事前 、STHヘッダーボックス
ヘッダーボックスのラベルです。
よく石油式温水床暖房に使われてる部材です。
ちょっくら中をのぞきましょう(*ノωノ)
さいたま市浦和区F様、改修工事前の ヘッダーボックス内
はい出ました!!
ノーリツさんお得意の接続方法です。
暖房配管も古き良き時代に多用されていた銅管です。

改修工事前 床暖房リモコン
さいたま市浦和区F様、改修工事前の床暖房リモコン
屋内の床暖房リモコン×3個です。
リモコンの型番は懐かしき UDR-A です。
床暖房システムに詳しくない業者さんが手を出すと、とっても痛い目を見るリモコンです( ゚Д゚)
理由はもちろん教えられません×××

さいたま市浦和区F様の改修工事前、2F床暖房用コントローラー
3個の床暖房リモコンの右側にこんなスイッチがありました。
このスイッチが先ほど言った、「ほほう・・・おぬしなかなかやるのぅ・・・」 の正体です。

そうです!今回のお客様宅では、2Fにも床暖房があり、2Fの床暖房もGH-10000Wの1台でまかなっております。
さらに2Fにはノーリツのヘッダーセット STHヘッダーボックスM とは違った制御機器が設置されていて、さらにさらに1Fからでも2Fの床暖房のON/OFFができるようになっているのでごわす!!

書いてて自分でも意味が分からなくなってきました・・・。
つまり、1F、2Fの床暖房は1台の熱源機でまかなっていて、1F、2Fそれぞれ別の制御機器が設置されていて、1Fとは違う2Fの制御機器を1Fのスイッチで操作する・・・。
Do you understand??
簡単に言えばよく考えられたシステムで、Dr.マーレ以外で改修工事をできる業者はいませんってことよ!

でもDr.マーレはもっと先行くシステムに改修しますってことで1F制御機器をM・M・Tで即撤去します☆

何度も言いますが「M・M・T」ってここに書いてありますよ♪

改修工事中 STHヘッダーボックスM 撤去
さいたま市浦和区F様、改修工事中、STHヘッダー撤去
ノーリツ様の大開発品、STHヘッダーボックスM を撤去しました。
ここから新しいヘッダーボックスに交換し、銅管も見えている部分は❝架橋ポリエチレン管❞という耐久性に優れた材質に交換します。

今回の場合は、故障してしまっている制御機器部品のみを交換し、熱源機も後継品に交換ってのが一番簡単な改修方法です。 

しかし今回の施工ポイントは、

1、訳あってノーリツ以外のメーカーがご希望。
2、システム全体を診断し、故障箇所のみの改修工事をご希望。
3、システム全体を理解できて、施工まですべて一貫して対応可能な業者での改修工事をご希望。

以上のポイントを踏まえ、業者を探し回ったそうなのですが、大体の業者は同メーカーでのシンプルな交換工事を提案してきたり、対応できませんって断られたり、ガス床暖房はガス代が高いから撤去しちゃいましょうなんてメチャクチャなことを言い出す業者まであったそうです・・・。
そりゃそうですよ!この内容の改修工事は関東はもちろん、もしかしたら全国でも今の時代Dr.マーレでないとできませんよ(^_-)-☆

と言うことで、各メーカーの特長や、施工方法を熟知しているDr.マーレが、自信を持ってご提案させていただいた新システムをご覧ください★

改修工事後 床暖房リモコン
さいたま市浦和区F様、改修工事後の床暖房リモコン
新しい床暖房リモコンは、CHOFUの CMR-2630(左)と、CMR-2630S(中・右)です。
CMR-2630(左)だけで4エリアまで操作が可能なのですが、お客様は「できれば今までのリモコンと同じような位置関係が良い」とおっしゃっておりましたので、あえて増設リモコンCMR-2630S(中・右)を設置させていただきました♪

改修工事後 システム全体
さいたま市浦和区F様 改修工事後、リンナイのRH-101W2-1(A) & CHOFUのヘッダーボックス HDB-404
新しい熱源機は、リンナイのRH-101W2-1(A) です。
右下の新しいヘッダーボックスセットは、CHOFUのHDB-404 という商品です。
ヘッダーの中はノウハウが詰まっているためお見せできません(>_<)

ちなみに2Fの制御機器類はこんな感じでした♪

2Fヘッダー
オマケその壱、2F床暖房ヘッダー

2F制御機器類
オマケその弐、2F床暖房制御機器
SANYOのこの部材は懐かしいですね♪
埼玉県民共済住宅で石油式床暖房をご使用の方はこの部品が設置してあることが多いです。

今回は使用頻度も少ないとのことで、2Fのシステムに関しては故障はありませんでした。
2F改修工事の際も必ずDr.マーレにお願いしていただけるとのことでした◎
ありがたや〜<(_ _)>

こ〜んな感じでDr.マーレは、違うメーカーの商品を組み合わせ、良いとこ取りのハイブリット改修工事が可能です♪
まさにマーレブランドの床暖房システムですね(^^♪

世の中には複雑な暖房システムがまだまだ多数あります。
経験のない業者さんにお願いしちゃうと無駄に高額な改修工事になってしまったり、まったくの無意味な改修工事になっちゃったりしますよ(*_*)

せっかくある快適設備で、10数年に1回の改修工事なんですから、しっかりと経験も知識もある業者さんにお願いしてくださいね!
ちなみにマーレは経験も知識もありますよ☆
日本にマーレがあってよかったですね◎

それでは今回はこの辺で!

高価なブランド品を正規取扱店で安く買えるようなイメージで営業しているマーレでした。








カテゴリ: 工事例


給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop