お客様の声・お知らせ

Dr.マーレがやらなきゃ誰がやる!?パーパス油だき温水ボイラ TP-BSD130R からの交換工事

2018年05月25日

オッス!オラDr.マーレ!!
今日はオラが得意としている蓄熱式床暖房の石油熱源機の交換工事を紹介すっぞ!!

と言うことで今日も始まりましたマーレの施工事例の部屋へようこそ☆
毎回冒頭の文章をどんなふうにしようか迷っている今日この頃ですが、本日は『石油熱源機』の交換工事例となります。

お客様は東京都日野市で、マーレが何百何千件と施工した蓄熱式床暖房が導入してあります『スミリンシステム住宅』にお住まいのお客様でした。
どの業者に頼んで良いかわからなく、インターネットで調べたところマーレを見つけ出し、お問合せをいただきました。

★その他の『スミリンシステム住宅の蓄熱式床暖房の施工例 です★

早速施工風景をご紹介致します。

交換工事前 システム全体
東京都日野市S様、施工前のシステム全体
写真奥から熱源機 → 分岐ヘッダー → エアコン室外機 → 200Lオイルタンク の順番になります。
エアコン室外機は今回の工事には関わっていません。
東京都日野市S様、施工前の熱源機&分岐ヘッダー
熱源機と分岐ヘッダーです。
分岐ヘッダーとは、熱源機から出た1本のお湯の配管を、宅内に分岐し供給するという役割の部材です。
実物を見た方がわかりやすいと思います。
東京都日野市S様、分岐ヘッダー内
白いカバーを外した内部です。
こんな風に熱源機から1本で配管されたメイン管(写真右)を宅内に平均して行き渡らせるように分岐しています。(写真左)
今回は3分岐ということがわかります。
青緑っぽく見えるのは、配管内に不凍液が入っているからです。

施工前 型番
東京都日野市S様、施工前の型番(2)
交換前の機種のメーカー、型番は『PURPOSE BSD130R』です。
❝ひらめきを笑顔に❞で有名な技術力が高いメーカーです。
東京都日野市S様、施工前の型番
正式名称はパーパス油だき温水ボイラ TP-BSD130Rとなります。
「HBU-AK13A」とも表記がありますが、これは三洋電機株式会社(SANYO)での型番です。
2001年12月製造の商品で、暖房出力は15.1kWです。 

マーレほどの暖房達人ともなると、システムはもちろん暖房出力まで大事にします。
普通の業者じゃ何も考えずに後継品を調べて「機種の交換」だけするのでしょうね・・・。
そういった内容で交換をされたお客様が、
「家が暖まらない・・・」
「石油代が高くなった・・・」
「使い勝手が全然違って不便でならない・・・」
と言った内容で施工業者に連絡しても、
「うちは機種の交換工事をしただけなので、うちに責任はありません。」と言われてしまい、マーレからの改善案はないかとのご相談を本当にたくさん受けます。
内容を理解していないのに交換工事を請け負う業者がいるので気を付けてくださいね。

本題に戻ります。

施工前 床暖房リモコン
東京都日野市S様、施工前のリモコン
交換前の床暖房リモコンです。
上がメインリモコン パーパス FHR07 で、器具の燃焼、温水温度の設定、タイマー運転等を行います。
下のリモコンは床暖コントローラで、宅内へ流れ込む温水を流したり止めたりする役割があります。
交換を機に下の床暖コントローラは不要になりますので、撤去し、化粧プレートを設置します。
俗に言う『M・M・T』です♪

詳しくはこちらを見てチョンマゲ!!

毎回なのですが、今回のお客様も不凍液の交換をご希望でした。

不凍液交換工事①
東京都日野市S様、交換前の不凍液
まずはシステム内の古い不凍液を抜き取ります。
昔は綺麗なグリーンだったのに10数年経つとこんなに色がくすんでしまうんです。
においもツーンとくるにおいです・・・。

不凍液交換工事②
東京都日野市S様、不凍液交換中
古い不凍液を抜き取り、システム配管内を洗浄液で洗い流し、新しい不凍液を注入していきます。
綺麗なピンク色をした不凍液です♪
これでまた10年以上システムは守られますね◎

不凍液交換工事③
東京都日野市S様、交換後の不凍液
これが新しい不凍液です。
注入するのにも経験、知識が必要です。
何も知らずに作業すると、配管内に空気が入り暖まらなくなってしまったり、最悪の場合は暖房配管の破損の可能性もあります。
マーレは大丈夫です♪
・・・床暖房名人ですから。

施工後 床暖房リモコン
東京都日野市S様、交換後のリモコン、CHOFU CMR-2614
『M・M・T』 施工を施した新リモコン CHOFU CMR-2614 です。
純白のデザインで、壁紙とも相性抜群ですね◎
化粧プレートも設置しました。

施工後 熱源機&分岐ヘッダー
東京都日野市S様、施工後の熱源機(CHOFU EDBF-1511RG)&分岐ヘッダー
交換後の機種は毎度おなじみのCHOFU EDBF-1511RG です。
暖房能力は15.0kWで、灯油代が節約できるエコフィールとなっております。
分岐ヘッダーにカバーを戻して、施工完了です◎

交換工事後にリモコンの起動検査、試運転、漏れ検査等ももちろん行いました。

マーレでのスミリンシステム住宅の床暖房施工は、東京はもちろん、埼玉県、千葉県、神奈川県、栃木県、茨城県、群馬県と、一都六県で行っていましたので、すべてのお客様宅の交換工事が可能です。
その他の地域にお住いの方でもシステムは把握しておりますので、ご遠慮なくご相談ください!!

蓄熱式床暖房って快適ですよね☆
そんな快適な設備、使わないなんてもったいない!!
すでに壊れてしまっている場合にも対応可能ですので、ご連絡くださいな♪

冬の準備は冬以外の季節に・・・。

Dr.マーレ診療所より


カテゴリ: 住友林業・スミリンシステム住宅 工事例


給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop