お客様の声・お知らせ・工事例

【CHOFUの夜明けぜよ☆】スミリンシステム住宅の蓄熱式床暖房熱源機 パーパス『TP-BSD130R』からの交換工事☆

2021年01月06日

皆様、明けましておめでとうございます!

温水暖房システムのプロフェッショナルことDr.マーレです!!

2021年1発目の施工例のお時間です♪

今年1発目の施工例は・・・、

「スミリンシステム住宅の石油暖房熱源機の交換工事」にしましょう!!

マーレらしい内容ですねぇ〜♪

マーレらしいと言うか「マーレでないとできない」と言うほうが正解かもしれませんね◎

それではいきますよ〜↓

交換工事前
さいたま市S様の交換工事前、パーパスのTP-BSD130R
交換前のシステムです。
もうすっかりお馴染みだとは思いますが一応説明をします。

写真手前の白い金属箱が「ヘッダーボックス」と言います。
熱源機から出湯された温水を宅内に均一に流すための部品?部材??設備???です。

奥に見える地面に置いてある機械が「石油暖房熱源機」です。

さいたま市S様の交換工事前、パーパスのTP-BSD130Rの型番
パーパスの「TP-BSD130R」と言う機種型番で、製造元であるサンヨーの場合の型番は「HBU-AK13A」です。
さいたま市S様の交換工事前、パーパスのTP-BSD130Rの型番(2)
2001年製造品で、暖房出力は15.1kW(13,000kca)です。
暖房効率は当時にしては驚異の「90%」です!!

さいたま市S様の交換工事前、床暖房リモコンのFHR07
室内のリモコンです。
写真上が熱源機メインリモコン「FHR07」で、写真下が床暖房コントローラーリモコンとなっています。

今回の工事内容は、
・熱源機の交換工事(石油→石油)
・制御方法の変更
・配管洗浄、不凍液交換
の3つとなります。

オイルタンクは特に問題がなかったため再使用です。

Dr.マーレがいとも簡単に行っているこの「スミリンシステム住宅の石油暖房熱源機の交換工事」は、
スミリンシステム住宅の床暖房仕様を知らないと痛い目を見る内容となっております。

すでにマーレのもとに、

「他社で交換をしたら床暖房が暖まらなくなった・・・。どうにかしてもらえませんか?」

というご相談が何件も来ております。
はっきり言ってめんどくさいです。
やってられません×××

2021年現在、現役の業者で、スミリンシステム住宅の床暖房仕様を熟知している業者は、本当の話で全国に2社しかありません。
実際は他に2社ほどありますが、もう引退間際の業者さんです。
(Dr.マーレもよく知っている業者さんです♪)

ということは、1990年代後半から2000年代前半まで販売されていた、トータル数千にもなる棟数のスミリンシステム住宅の蓄熱式床暖房熱源機の更新工事、及びメンテナンスが可能な業者は、全国に実質2社しかなくなってしまいました・・・。

マーレがどれだけ貴重な会社かがわかりますね☆
マーレは絶滅危惧業者なんです。

ハウスメーカーによってこういった温水暖房設備の仕様は異なります。
Dr.マーレのようなプロフェッショナルならどのような暖房システムにも対応が可能ですが、普通の業者さんではそうは問屋が卸しません。
何も知らないモグリ業者に大切な設備の更新工事を依頼するなんて馬鹿な真似はやめましょう・・・。

ではでは交換工事後の美しい風景をご覧ください◎

交換工事後
さいたま市S様の交換工事後、床暖房リモコンのCMR-3102VM
まずはリモコンから!
新しいリモコンは「CMR-3102VM」です。
なんと暖房熱源機にも無線LAN対応のリモコンが販売開始されました!
タッチパネルリモコンで、見やすいカラー液晶画面!!
さらに音声機能付きでリモコンがしゃべるようになりました◎
もう無口とは言わせんぜよ△
CHOFUさん・・・やってくれましたね♪
これからマーレがお客様に提案するリモコンはこれで決まりです☆

いつも通り写真下のコントローラーリモコンは「M・M・T」でございます。
※「M・M・T」についてはこちらですよん♪

さいたま市S様の交換工事後、CHOFUのEDBF-1512RG
新しい石油熱源機は、CHOFU「EDBF-1512RG」です。
交換前と比べてかなりコンパクトになりましたね。
運転音も静かになりました◎

さいたま市S様の交換工事後、CHOFUのEDBF-1512RGの型番
暖房出力は15.0kW(12,900kcal)で、交換前の機種とほぼ同じです。
しかし暖房効率は「92%」となりますので、交換前に比べると若干アップです。

これらの機種たちが、冬季は宅内を暑くもなく、寒くもなくの快適な空間にしてくれます♪
「家を買う」という人生最大の買い物でスミリンシステム住宅という高断熱・高気密住宅を選んでよかったですね◎

これから「家を買う・建てる」と言う方、もちろん家のデザイン、間取りは大切ですが、是非家の断熱性、気密性も重視してください。
さらに蓄熱式温水床暖房のような、家の断熱性能を最大限に発揮できるような快適設備選びにも時間をかけてください。

【我が家に蓄熱式床暖房を導入したい!!】と思っている方!
その時は是非マーレにご相談ください。
建築の設計士、ビルダー様等と連携し、この蓄熱式温水床暖房を導入するためのお力にならせていただきます。

と言うことで新年1発目の施工例は、マーレらしく温水暖房設備の改修工事例とさせていただきました。

それでは皆様、この1年も頑張っていきましょう!!

そしてこんなDr.マーレを今年もどうぞよろしくお願い致します♪


カテゴリ: 住友林業・スミリンシステム住宅 工事例


【スミリンシステム住宅】蓄熱式温水床暖房の石油暖房専用熱源機 パーパス『TP-BSD130R』からの交換工事例☆

2019年07月11日

こんちわ〜っす!!

「ひらめきを笑顔に」のDr.マーレっす☆彡

今回はDr.マーレの代名詞でもある「蓄熱式温水床暖房」の石油暖房専用熱源機からヒートポンプ式温水熱源機への交換工事例となるっす!!

現場は埼玉県坂戸市っす。

お客様はマーレの施工ブログを見てくれて、

「この業者はすごそうだ!!」

と思いお問い合わせをくださったところ、実際にDr.マーレはすごかったので安心してご依頼をいただきました♪

この令和という時代にも、やっぱり安心できない怪し〜い業者はまだまだ潜んでいます。
ほら・・・あなたの後ろに・・・('Д')
と言うことで安心していただいた上でご依頼いただけるのは本当に嬉しいですね♪

安いけど本当に大丈夫かな・・・(-_-;)
なんてソワソワしながら工事日を待つのは感情の浪費ですよ×
どうせなら工事日までは楽しみに待ちましょう!!

OK,let's get down to the main topic!!

交換工事前
埼玉県坂戸市K様の交換工事前、パーパスのTP-BSD130R
交換前の機種はスミリン様ではお馴染み、パーパス(高木産業株式会社)の『TP-BSD130R』です。(写真奥のノッポさん)
手前にある白い箱は分岐ヘッダーボックスで、熱源機で作られたお湯を屋内にまんべんなく行き渡らすための部材です。
制御方式を変更するため、この分岐ヘッダーもちょいといじります。
どういじるかは内緒(*ノωノ)
埼玉県坂戸市K様、撤去前の200Lオイルタンク
これは200リットルのオイルタンクです。
今回のお客様宅の給湯器はガスでしたので、蓄熱式床暖房のためだけに設置されていました。
ということはもう撤去っす。
埼玉県坂戸市K様の交換工事前、TP-FHR07
交換前のリモコン『TP-FHR07(上)』と、『コントローラリモコン(下)』です。
上のリモコンは新しいものに交換し、下のコントローラリモコンは、マーレブランド施工の「M・M・T」です。
Dr.マーレってすごいっしょ!?

ではまず、宅内を10数年循環し続けた不凍液の交換作業に入ります。
ヘッダーボックスのカバーを外しましょう。
埼玉県坂戸市K様の不凍液交換前
↑外すとこんな感じです↑
配管の本数からこのお宅の床面積が大体わかります。
Dr.マーレってすごいっしょ!?
埼玉県坂戸市K様、排出した不凍液
配管洗浄すると、こんな不凍液が出てきます。
反射しちゃって見にくいですが、麦茶にトマトジュースを混ぜて水で薄めたのような色です。
つまり薄い赤茶色です。
最初は年代物のワインのような高級感あふれるワインレッドだったのでしょう。
高級ワインが年月とともに薄い麦茶になってしまいました。
なんか損した気分ですね。。。

交換工事後
埼玉県坂戸市K様、不凍液交換後
不凍液を交換し、各配管の保護管も新しくしました◎
写真はありませんが新しい不凍液はキレイなピンク色です。
長年交換不要のロングライフタイプ不凍液を使用しました。
埼玉県坂戸市K様、オイルタンク撤去後
オイルタンクを撤去しました!
撤去後お客様に、

「オイルタンクってここにあったんだっけ!?」

と言われるくらいの現状回復度合いです◎
Dr.マーレってすごいっしょ!?
すごいんです!!
埼玉県坂戸市K様の交換工事後、CMR-2614
リモコンはCHOFUのカンタンリモコン「CMR-2614」に交換しました。
コントローラリモコンは撤去し、化粧プレートで塞ぎました。
24時間タイマーで好きな時間帯にON/OFFができる優れものです♪
埼玉県坂戸市K様の交換工事後、CHOFUのAEYH-0642X
新機種はCHOFUのヒートポンプ式温水熱源機『AEYH-0642X』です。
嘘みたいな熱効率を誇る熱源機です◎
Dr.マーレが言うんだから間違いないっす♪

こ〜んな感じで簡単にさらさら〜っとご紹介しましたが、実はDr.マーレって結構すごいことやってるんですよ☆

●普通の業者じゃ到底理解不能な蓄熱式温水床暖房の熱源機交換工事技術&知識
●しかも石油から電気への熱源変更の内容で
●さらに100V電源から200V電源への隠蔽電気配線工事(神業施工にて)

てな感じっす♪

と言うのも、Dr.マーレはスミリンシステム住宅への蓄熱式温水床暖房導入に開発から携わった床暖房会社(Dr.マーレが昔勤めていた会社)の社長からみっちりと床暖房についてのノウハウを学び、さらに施工を行っていたため、スミリンシステム住宅の構造、床暖房システムを把握しているからなんですね♪

そりゃあ安心して任せられるわけです◎
実際施工してたんですから♫

価格はメーカーやハウスメーカーよりも格段に安く、施工技術・知識が安売り販売店よりスペシャル高くて安心ときたらこれもう最強じゃないっすか!?

その最強の業者こそマーレです◎

霊長類最強業者なんではないでしょうか!?

法人化してそろそろ4年(←曖昧)が経ちますが、着々とマーレネットワークが世間に広がっていることが実感できています。

これも「安心して」「安く」「安全に」工事をしてもらいたいワガママで欲しがりなお客様あってのことですね♪

マーレに色々とご相談、ご依頼くださる皆様には本当に感謝しております。

これからもこのようなマーレスタイルを崩さず、身の丈に合った販売・施工にて皆様のお力になれますよう、より一層精進してまいりますので、今後ともマーレをよろしくお願いいたします。

最後の文章硬っ(゚Д゚;)

★変幻自在のBlog writer Dr.マーレ★









カテゴリ: 住友林業・スミリンシステム住宅 工事例


千葉県千葉市U様 住友林業(スミリンシステム住宅)の蓄熱式床暖房 パーパス「TP-BSD130R」からの交換工事

2019年01月15日

どうもDr.マーレです!! 

今回は、マーレではすっかりお馴染みの「スミリンシステム住宅の蓄熱式床暖房」の石油式ボイラの交換工事例となります。

お客様は千葉県千葉市にお住いで、マーレが頻繁に工事に行っていた地域の方でした。
もう皆さん知っていると思いますが、Dr.マーレは昔、床暖房施工会社に勤めていて、様々な床暖房工事をメーカー施工として行っていました。
スミリンシステム住宅は、その時代に毎日のように床暖房工事を行っていたハウスメーカーの1つですので、Dr.マーレは床暖房のシステムや、施工方法、運転方法、さらには住宅構造を熟知しております。

そんな訳あってか、冬場の暖房シーズンにもなりますと、本当にたくさんの方から改修工事についてのご相談をいただきます。
しかし真面目なDr.マーレは、会社のさらなる飛躍のため、こんなことをお客様に聞いています。

「どうやってマーレをお知りになったんですか??」

お客様の回答
「住友林業に聞いたらマーレさんを紹介されましたよ。」

だってさ(^^)v
嬉しいですね♪
あんなに大きいハウスメーカーからこんな小さなマーレの名前が出てくるなんて・・・。
いよいよマーレも全国進出ですかぁ!??

そんなやり取りがあり、施工日を迎えました。

『熱源機改修工事前 暖房システム全体』
千葉県千葉市U様、改修工事前の設備全体
写真奥から、200Lオイルタンク→ヘッダーボックス→熱源機の順番です。
ヘッダーボックス前の器具は、エアコンの室外機ですので今回の工事には関係ございません。

『熱源機改修工事前 温水ボイラ』
千葉県千葉市U様、改修工事前の石油式暖房熱源機、パーパスのTP-BSD130R
改修前の熱源機は知る人ぞ知る、パーパス油だき温水ボイラ TP-BSD130Rです。
背が高く、丸い煙突が本体上部にあるのが特徴です。
千葉県千葉市U様の改修工事前、パーパスのロゴ
赤い丸と青い丸が重なり合うロゴのメーカーです。
パーパスのロゴ(現在)
今はこんなシャレオツなロゴになっています。
千葉県千葉市U様の改修工事前、器具仕様ラベル
型番が記載されている仕様ラベルです。
2002年12月製造品で、
●屋外用開放形
と書いてありますね。
暖房システムの種類では「開放形」や「密閉形」などがあります。
説明すると長くなるのでここには書きませんが、Dr.マーレはもちろん理解しております。
なんてったって暖房スペシャリストですからね(^_-)-☆

『ヘッダーボックス』
千葉県千葉市U様のヘッダーボックス
スミリンシステム住宅の蓄熱式床暖房には欠かせないヘッダーボックスです。
ボックス自体はしっかりしているので、費用を抑える意味も含めて再利用します。
でも内部は制御方法変更のため、暖房システムの権威であるDr.マーレのメスが入ります★

ちょっとだけカバー取って中見ちゃいます??

千葉県千葉市U様のヘッダーボックス内
中はこんな感じです。
配管には「往き」と「戻り」があり合計6本の配管が見えますね。
Dr.マーレはこの本数だけで大体の家の広さがわかってしまいます☆
なんてったって暖房システムの権威 ですからね(^_-)-☆

『熱源機改修工事前 熱源機用リモコン&コントローラリモコン』
千葉県千葉市U様の改修工事前、熱源機用リモコン(TP-FHR07)と、コントローラリモコン
屋内での快適な環境を保つためのリモコン達です。
上が熱源機を燃焼させるリモコン、TP-FHR07です。
下は温度管理をするコントローラリモコンです。

実は今回の改修工事はただの交換工事ではありません。
マーレはただの交換工事をしないことで有名ですが、その内容はと言うと・・・、

●熱源を石油から電気に変更
●オイルタンクを撤去し、もともとオイルタンクがあった場所に熱源機を移設
●制御方法の変更
●不凍液の交換

と盛沢山なのであります!!
まぁいつものことですけどね。
決して他社様では真似できない「マーレの高品質ブランド施工」となります。

じゃーいってみましょう!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『マーレのブランド施工 不凍液交換』
千葉県千葉市U様の不凍液交換中
まずは古い不凍液を洗浄水で押し出します。
先ほどの写真と比べると配管が白っぽくなっているのがわかりますね。
千葉県千葉市U様の不凍液交換中(2)
排出した不凍液です。
かき氷のブルーハワイシロップのような色ですね。
かき氷に絶対かけるなよ!フリじゃないですよ!!
古い不凍液をすべて出し切ったら今度は新しい不凍液を注入します。
千葉県千葉市U様の不凍液交換後
キレイなピンクの不凍液はCHOFUのVH-LLB不凍液です。
システム配管内に「エアー」が残らないように丁寧に丁寧に時間をかけて作業します。

『マーレのブランド施工 電気工事』
千葉県千葉市U様、AC200V電源の配線工事前
今までの熱源機の電源はAC100Vでしたが、これからはAC200Vに変わります。
ですので分電盤から専用回路で熱源機まで新規に電気配線をする必要があります。
ブレッブレの写真の分電盤右下のスペースが空いているので、専用回路のブレーカーはここにつけましょう☆
写真がブレッブレの理由は、きっとこれから行う『神業施工』を前に武者震いしていたのでしょう・・・。
千葉県千葉市U様、AC200V電源の配線工事後
あっと言う間に配線を通しました。
露出配線はDr.マーレの美学に反しますので、すべて隠蔽配線にて配線しております。
すごいでしょ(*'ω'*)
すごいんです(*ノωノ)
配線し終わったら新しい配線用遮断器を先ほどのスペースに取付け、『神業施工』で通線した配線を接続して配線工事は完了です♫
余裕っす♫

『マーレのブランド施工 リモコン交換』
千葉県千葉市U様、改修工事後の熱源機リモコン、CHOFUのCMR-2614
熱源機用リモコンはCHOFUのCMR-2614へと交換しました。
コントローラリモコンはと言うと・・・、制御方法の変更のため、配線を切ったり、つないだりして最終的には撤去です。
これぞDr.マーレの伝統芸「M・M・T(マジで・ムズイ・撤去)」でございます。

『マーレのブランド施工 温水熱源機』
千葉県千葉市U様、改修工事後のヒートポンプ式温水熱源機、CHOFUのAEYH-0642X
新しい熱源機は、CHOFUのヒートポンプ式温水熱源機、AEYH-0642Xです!!
エアコンの室外機みたいな器具ですね。
ENE FLOW(エネフロー)というCHOFU自慢の商品です。
暖房システムの達人、Dr.マーレから見ても素晴らしい商品です。
千葉県千葉市U様の改修工事後、AEYH-0642Xの仕様ラベル
特筆すべき点はこれらの仕様ですね◎
何回見ても素晴らしい仕様です。
Dr.マーレのスマホの待ち受け画像にしようかな・・・。
安定時エネルギー消費効率が「4.46」とあります。
簡単に言えば、10000円が44600円に化けるということです('Д')!!
まさにCHOFU'S DREAM!!

『マーレのブランド施工 暖房システム全体』
千葉県千葉市U様、改修工事後の設備全体
写真奥から、温水熱源機→ヘッダーボックスとなります。
もともとオイルタンクがあった場所に温水熱源機を設置し、手前にあった石油熱源機がなくなりました。
加藤浩次さんもびっくりのスッキリ!!度合いですね。

『マーレのブランド施工 暖房システム全体(2)』
千葉県千葉市U様、改修工事後の設備全体(2)
最終的にはこの左右2つの器具の組み合わせとなりました。
やっぱり何でもSimple is Bestですね。

故障率も低下し、ランニングコストも安くなり、何よりDr.マーレが施工したから安心して蓄熱式床暖房を長い間ご使用いただけます。
お客様にも大変喜んでいただけましたので、Dr.マーレとしても100点満点の改修工事となりました。

マーレはどんな内容であっても、お金をいただくからには常に100%、100点満点の仕事を目指します。
最適なご提案をし、その提案をご理解いただけるまでご説明をし、適正価格のお見積り価格をご提示し、最高の施工をする。

これが『マーレブランド』です!!

❝マーレに施工してもらった❞

ということがお客様にとってのステータスとなるような時代になるまで、妥協せず『マーレブランド』を保ち続けたいと思います。

以上ちょっと長めの交換工事例のご紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました<(_ _)>


カテゴリ: 住友林業・スミリンシステム住宅 工事例


1 2 3 4 next

給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop