お客様の声・お知らせ・工事例

日本代表はオレのもの!

2018年07月16日

こんばんちー。

設備界の日本代表、Dr.マーレでございます!

ワールドカップはあっさりとフランスが優勝してしまいましたね。
もし設備業界にワールドカップがあったら、マーレは何点差で優勝するのでしょうかね。

最近はずっと暑い日が続いていますが、皆様も熱中症にはくれぐれもお気をつけくださいね!


カテゴリ: 業務日誌


密閉したらマーレの勝ち!!三洋電機空調株式会社の暖房専用熱源機 GS-R207SH からの交換工事

2018年07月14日

いや〜暑いですね〜・・・。。。
暑い日こそのDr.マーレです♪

今日の施工例は、こんな暑い日にこその暖房専用熱源機の交換工事例となります。

「嫌がらせかよっ!!」と皆さん思うかもしれませんが、そう!嫌がらせです(-.-)
でも今回の工事こそがDr.マーレのすごい技術が発揮できた工事なのです!!
同じような内容を1年前くらいにも書いた気がしますが・・・。

交換前 熱源機
東京都渋谷区H様、交換工事前のSANYO 暖房専用熱源機、GS-R207SH
交換前の機種は三洋電機空調株式会社 (SANYO)の GS-R207SH でした。
 東京都渋谷区H様、交換工事前の東京ガス型番、DS-207RSA-W6H
東京ガス型番では DS-207RSA-W6H です。
暖房能力20,000kcalの商品です。

「Dr.マーレさんに限って今回の工事の何がすごいのさ!?」って思う方!!
まぁまぁそう焦らないでくださいよ☆

交換工事前 暖房システムの配管(1)
東京都渋谷区H様、交換工事前の配管部分(1)
熱源機の隣にはこんな感じで配管が組まれていました♪
おっ!?なかなかヘビーじゃん♫
もっと良く見〜せ〜て〜(^O^)

交換工事前 配管部分(2)
東京都渋谷区H様、交換工事前の配管部分(2)
な・なんだこれは!?

そうです!私が変な・・・じゃなかった×
そうです!!これが暖房システムの中でも難易度の高い「密閉回路」の暖房システムです♫

密閉回路とは大気と循環水等のような媒体が隔離されている配管回路のことで、大規模なセントラルヒーティング用のボイラを組込むシステム等に使われます。
ここの現場はパネルヒーターが2台という暖房設備だったので、正直「密閉回路である必要があるかな!?」と思いましたが、パネルヒーターが鉄製で設置場所が2Fと3Fであったことや、暖房配管が銅管であったため、入念なシステム点検をしたうえで、交換後も密閉回路にするという流れとなりました。

交換前の密閉回路における勇敢な部品達(BGM :I Don't Want To Miss A Thing  〜アルマゲドン風〜
1.膨張タンク
東京都渋谷区H様、交換工事前の膨張タンク
密閉回路には欠かせない膨張タンクです。
詳しい説明は省きますが、システム内の圧力調節を行う部品です。
交換後、膨張タンクは熱源機に内蔵されますのでこちらは撤去します。

2.エアーベント
東京都渋谷区H様、交換工事前のエアーベント
配管内を流れている循環水の中に混ざっている空気を自動的に排出する部品です。
まだまだ問題なく作動していましたが、せっかくなんで新しいものに交換します。

3.圧力逃し弁
東京都渋谷区H様、交換工事前の圧力逃し弁
システム内に異常圧力がかかった場合に圧力を逃がす部品です。
システム配管や、機器本体を守るために設置してあります。
こちらも交換します。

4.圧力計
東京都渋谷区H様、交換工事前の圧力計
システム配管内の圧力や温度を測る圧力温度計です。
新機種には異常温度になった際に働く安全装置が内蔵されているので、交換後は圧力だけを見られる圧力計に交換します。

5.熱源機リモコン
東京都渋谷区H様、交換工事前の熱源機リモコン
そもそもこのリモコンがなければ温水も作れません。
新機種に換わると同時にこのリモコンも交換です。

以上の勇敢な5部品達が熱源機を守り、宅内の設備を守り、室内を寒さから守っていらっしゃいました♪
なんて勇敢なんでしょう!!

そもそも今回この工事をマーレにご依頼いただいた経緯は、
1.対応可能な業者がいなかったこと。(そりゃこの内容は対応可能な業者はなかなかいませんよ×)
2.新築時にこの設備を導入した業者が北海道にあり、さらにその業者に相談したところ、「数年前に親から代替わりして、現在じゃ対応できません。」と言われた。(なんだそりゃ!!)
3.マーレに相談のメールをした際に対応が丁寧で、しかも温水暖房設備にかなり詳しそうだったから、マーレに賭けてみようと思った。マーレでダメならこの設備は使うのを諦めようと思っていた。(見事賭けに勝ちましたね♪マーレを選んでいただき光栄です◎)
というような経緯でした。毎度のことですが最後の最後はやっぱりDr.マーレなのです!!

じゃー新機種も密閉しちゃいましょう!!

交換工事後 熱源機リモコン
東京都渋谷区H様、交換工事後のパネルヒータリモコン、リンナイ、FC-08MDH
交換後のリモコンはパネルヒータ専用リモコンでリンナイのFC-08MDH です。
最近はこんなリモコンも販売されているんですね・・・。
便利になりましたね。

交換工事後 ガス暖房専用熱源機
東京都渋谷区H様、交換工事後のリンナイ、暖房専用熱源機、RH-KM200W2-1
交換後の熱源機は、リンナイの RH-KM200W2-1 です。
密閉回路搭載で鉄製パネルヒーター専用の熱源機です。

交換工事後 暖房システムの配管(1) 
東京都渋谷区H様、交換工事後の配管(1)
こんな感じで改修しました。
古い膨張タンクは撤去し、エアーベント、圧力逃し弁は新しいものに交換しました。

交換工事後 暖房システムの配管(2) 
東京都渋谷区H様、交換工事後の配管(2)
圧力計も新しいものに交換しました。

仕上げ試運転調整
不凍液注入&エアー抜き&システム内圧力設定
仕上げに配管内圧力に気を付けながら、配管内にエアー溜まりが残らないように不凍液を 注入していきます。
この作業はDr.マーレのような温水暖房スペシャリストでないとできないでしょうね♪

配管内に適切な圧力を残したまま試運転をします。
この「圧力を残したまま」にすることがとても重要なのです。
圧力を残したまま配管を密閉すれば今回の工事はDr.マーレの大勝利です◎
問題なく暖房システムは暖まるでしょう♪
実際暖まりました☆

いとも簡単にやっていますが、この工事内容は超ド級なスペシャル・ローリングサンダーでワンダフルでナウなヒューヒュー施工です(*_*)
実は現地調査の際、某有名インターネット販売・施工会社様とタイミングが重なってしまいました。
その業者様はこのシステムを見た途端に「こんなのうちじゃ到底無理!意味がわからん!!」と言ってそそくさと帰ってしまいました。
そういうのを目の当たりにすると、「マーレってなかなかやるじゃん♫」って自分で思います。
でもまだまだ勉強が足りないとも思っています。
今後もさらなる複雑な温水暖房システムに対応できるように知識・経験を積んで行きたいと思います!!

まぁ今回の設備に関してはDr.マーレの圧勝でした!!

ポイントは『圧力』ですよ☆

圧力には屈しないDr.マーレでした♫

お・し・ま・い




カテゴリ: 工事例


噂の給湯器 松下電器産業株式会社のAD-200FFAからリンナイのRUF-V1615SAFFD(B)への取り替え工事

2018年07月14日

こんにちは。皆様の心の中にいるDr.マーレです。

今日ご紹介する現場は横浜市都筑区にある、しいのき台ハイツでのAD―200FFAからの取替え工事です。
前もご紹介させていただいた、AD-200FFAの後継機種は誰かさんの圧力のせいで入荷ができなくなりましたが、一般的なFF方式の給湯器で対応させていただきました。

圧力にも負けず、暑さにも負けず


AD-200FFA、給湯器、全体の写真
すっぽりと扉内に納まった給湯器です。

AD-200FFA、給湯器、型番の写真
ちょっと寄ってみて、型番がAD-200FFAです。
もうこの型番を見ることはないと不安になってたけど、優しく取替工事してあげるからね!


都筑区、台所リモコンの施工前の写真
取り替え前の台所リモコンです。
ここのお宅は台所リモコンのみで、お客様のご希望で浴室にもリモコンを設置するのですが、配線を浴室までもっていくことがDr.マーレの神業をもってしてでも、コンクリートの厚い壁に阻まれ、泣く泣く無線式のリモコン(MBCTW-171)にするしかありませんでした。(台所まではリモコン線はきているのですが、無線と有線を併用できるリモコンが存在しないため)

Dr.マーレの配線の神様

横浜市都筑区、施工後、無線式の台所リモコンの画像
台所リモコンです。
もっと精進して、どんな場所でも配線が通せるようになります!
浴室リモコンの写真は取り忘れてしまいました・・・


横浜市都筑区、施工後の給湯器の写真
そしてDr.マーレ必殺技、早着替えならぬ早取替え!(実際は丁寧に施工しております)
新しい給湯器の型番はRUF-V1615SAFFD(B)です。
給湯器の上から伸びてるシルバーの煙突が給排気筒です(FF方式)
これもマーレが得意とする2本管から二重管に取り替えました。この給排気筒も綿密に計算してから発注するので、写真のように給湯器からきれいにまっすぐ伸びています。
ぜひFFのデザイナーとお呼びください!

そしてここからがDr.マーレの真骨頂!
セントラルヒーティング(バスヒーター)から直接追い炊きに変更します!
詳しくはこちら

横浜市都筑区、セントラルヒーティング(バスヒーター)の写真
どーん
セントラルヒーティング(バスヒーター)では上下に2つ穴が開いています。

横浜市都筑区、施工後の直接追い炊きの写真
直接追い炊きに変えることによって、上の穴は必要なくなるので蓋をしました。


写真で見ると簡単に施工してるように感じてしまうと思いますが、しっかりと知識をもって施工をしないと、重大な事故に繋がる恐れがあります。
例えば、給排気筒については、もし施工に不備があり、排気漏れがしてしまうと一酸化炭素中毒で死亡事故に繋がることもあります。
そこでマーレにお任せいただければ、丁寧に施工するのでずっと安心してお使いいただけます!
高品質なマーレに住宅設備のことならなんでもご相談ください!


カテゴリ: 工事例


給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop