お客様の声・お知らせ・工事例

東京都目黒区N外科クリニック様 ガスター OUR-2400 から パーパス GS-2400W-1 ガス給湯器交換工事(台所リモコン新規設置)

2016年09月15日

東京都目黒区のN外科クリニック様よりご依頼いただきました、屋外壁掛型ガス給湯器の交換工事です。

今回の工事内容はリモコンなしの給湯専用機からリモコンありの給湯専用機への交換工事でした。
リモコンを新規に設置するには、リモコンの設置場所から給湯器までリモコン線を配線することが必要です。
ワイヤレスリモコンという無線式のリモコンも商品としてありますが、お値段はかなり高めです。
可能ならば新しくリモコン線を配線し、有線式のリモコンを設置したいところです。
幸い今回のご依頼者のN外科クリニック様の建物は木造2階建てで、新規設置するリモコン位置が外壁に面した屋内側でしたので、リモコン線の配線が可能で、リモコンの設置工事は容易でした。

交換工事前 給湯器
東京都目黒区N外科クリニック様 交換工事前 ガスター OUR-2400
交換前の機種はガスターのOUR-2400で、24号の給湯専用機です。
東京都目黒区N外科クリニック様 交換工事前 ガスター OUR-2400(右側からの写真)
給湯器の右側(右下の防水コンセントと右上の給気口の間)に屋内側からリモコン線を通す穴を開け、配線しリモコンを取り付けます。
東京都目黒区N外科クリニック様 交換工事前 屋内リモコン設置位置
屋内側から見た写真です。
向かって左のアイボリーの正方形の物が給気口です。
右上の換気扇の真下に給湯器が設置されています。
場所的に写真中央のコンセントの下がちょうど良さそうですね♪

屋内から屋外へ穴をひとつ貫通させるのにも建築の経験や知識がないとできません。
柱や壁中を通っている電線などに傷をつけないように建物を立体的にとらえることが必要だからです。
給湯器の交換工事程度で大切なご自宅の柱などの構造物に傷をつけられたら参っちゃいますからね。

『たかが給湯器交換工事、されど給湯器交換工事』 です!!

業者選びは慎重に行いましょう。

リモコンの設置場所が決まったところで工事開始しました。

交換工事後 給湯器
東京都目黒区N外科クリニック様 交換工事後 パーパス GS-2400W-1
交換後の機種はパーパス GS-2400W-1で、24号の給湯専用機です。
給水、給湯、ガス管をお取替えし、新設したリモコン線も接続しました。
東京都目黒区N外科クリニック様 交換工事後 パーパス GS-2400W-1(右側からの写真)
給湯器右側からリモコン線を取り出しました。
専用の配線カバーを取り付け外壁から雨水などが浸入しないようにしました。
もちろんカバー内の開口した穴にもシリコンで防水処理しています。
東京都目黒区N外科クリニック様 交換工事後 屋内リモコン設置
台所リモコンはパーパスのMC-100です。
建物の構造上ここしかない!というような見事な位置取りです。
リモコンを設置後、お湯が出るかどうかの試運転をし、ガス漏れ等のないことを確認し、工事完了しました。

マーレは温水マット式床暖房工事や蓄熱式床暖冷房工事で新築の建築現場にもよく入りますので、建物の構造を熟知しております。
穴を1つ開ける工事にしても、そういった経験や知識がギュ-っと詰め込まれているのです!
やっぱり安価で安全な工事で、安心できる業者が一番良いに決まっています☆

マーレは安価・安全・安心の要素をすべて満たした会社だと自信を持って宣言します!!
騙されたと思ってご相談ください。絶対騙されませんから♪


カテゴリ: 工事例


知ってよかった!!TESの給湯器(熱源機)について

2016年09月14日

『TES』と言いますと何を思い浮かべますか?
マーレが今までお会いしてきたお客様大体の方が、東京ガスの床暖房などの温水暖房システムとお答えになりました。
たしかに東京ガスの温水システムのTES(Tokyogas Eco System)はブランド力からかなり有名ですが、本当のTESの意味って皆さんご存知ですか?

本当のTESの意味とは「Thin & Economical System」で、その頭文字の略称で『TES』と言います。
英語にあまり詳しくないマーレにはどういった理由でこの単語の組合せになったかはわかりませんが、とにかくエコなシステムだというような意味はわかります。
TESとは東京ガスの「TES」や、大阪ガスの「エックスプリオール」などで皆さんご存知の通りの、ガスを燃料とした熱源機(給湯器)で温水を作り、その温水を室内機に供給し、暖房を行うシステムです。
室内機の種類としては、床暖房・浴室暖房乾燥機・ファンコンベクター(温風ヒーター)・パネルヒーター・またTESエアコンなどがあります。

ここでどうでも良いことかも知れませんが言っておきたいことがあります。

「『TES』は東京ガスだけのものではありません!!」

東京ガスエリア外のお客様のご自宅に設置してある温水式床暖房も『TES』ですし、大阪ガスの温水暖房システム「エックスプリオール」も『TES』です。
マーレの施工エリアに多い東京ガスのTES給湯器(熱源機)ですが、たとえ東京ガス型番であっても商品自体は他の給湯器メーカーのOEM商品です。
東京ガス型番例
写真上側のFT-368RSA4-AW6Qが東京ガス型番です。
型式 GTH-2413AWXH-Tが製造元であるノーリツの型番。
交換機種はノーリツ製の給湯器がピッタリです。

マーレにご相談くだされば、現在東京ガス型番の給湯器をお使いの皆様に、製造元となるメーカーの給湯器のご提案、または施工可能な他メーカーの給湯器のご提案が可能です。

「東京ガス型番の給湯器の交換は東京ガスに頼まなければいけない。」と思っている方、マーレにご相談くださればグーッと抑えられた費用で給湯器の交換工事が可能ですので、絶対にご相談ください!


カテゴリ: お知らせ


神奈川県平塚市 I 様 東京ガス KG-513FF-D から リンナイ RUX-V1315FFDA-E 屋内壁掛型のガス給湯器交換工事

2016年09月12日

神奈川県平塚市の I 様よりご依頼いただきました、強制給排気式の屋内壁掛型、ダクト設置専用のガス給湯器交換工事です。

お問合せいただいた際に型番を聞き、この施工はマーレしかいない!と思いました。
即現地調査のお願いをし、その日の内にお伺いし、ご成約をいただきました。
たまたまメーカーに在庫もありましたので、最短日数での対応が可能でした。

今回の現場は少し珍しい『専用ダクト設置』のガス給湯器です。
専用ダクト設置とは、集合住宅などで各階を縦に貫通するダクトを設け、これに密閉式の機器を取付けて給排気を行う方式です。
ダクト設置方式は「Uダクト方式」と「SEダクト方式」があります。
ダクト式の図

設置には資格が必要で、給排気漏れのない確実な施工が求められます。
今回のお客様もいろいろと探したそうなのですが、大体の業者に断られ、マーレに行き着いたそうです。
たしかにこの施工は普段からしっかりとした施工を行っている業者にしかできません。
変な業者に施工されないで本当に良かったと思います♪

さあ施工日当日です!
神奈川県平塚市 I 様 交換工事前 器具写真
こちらが後継機種です。
カタログには載ってない特殊な給湯器です。
神奈川県平塚市 I 様 交換工事前 器具写真(給排気筒)
一度現地調査にもお伺いさせていただいたので、部材もバッチリです◎
本体と部材さえ揃えば、マーレにできない工事はありません。

交換工事前 給湯器
神奈川県平塚市 I 様 交換工事前 東京ガス KG-513FF-D
神奈川県平塚市 I 様 交換工事前 東京ガス型番
交換前の機種は東京ガスのKG-513FF-D で、13号の給湯専用機です。
屋内設置だからと言って、この給水、給湯管の配管の仕方はどうなの?って思います。
神奈川県平塚市 I 様 交換工事前 ガスター型番
製造元はガスターで、型番はUR-132Dです。
1998年製で、18年間動き続けました。本当にお疲れ様でした。

交換工事中 給湯器撤去
神奈川県平塚市 I 様 交換工事中 給湯器撤去
別れを惜しみつつ本体を撤去しました。
写真上側の丸い穴は給排気筒を貫通させる穴です。
穴の外側が共用ダクトとなっています。
神奈川県平塚市 I 様 交換工事中 給湯器撤去 本体
撤去した本体の写真です。
神奈川県平塚市 I 様 交換工事中 給湯器撤去 本体アップ
ダクト設置専用の給湯器なので給排気筒の形状が特殊です。

給湯器取り付け前
神奈川県平塚市 I 様 交換工事中 給湯器取り付け前
写真では分かりづらいと思いますが、穴の周りの黒い「気密パッキン」を取り替えました。
このパッキンは壁と給湯器背面の隙間を無くすために必ず必要です。

交換工事中 給湯器設置
神奈川県平塚市 I 様 交換工事中 給湯器設置
新しい給湯器を壁に引掛けました。
今までの給湯器はビスがあまり効いてなかったので、新しくしっかりと打ち直しました。

交換工事後 給湯器
神奈川県平塚市 I 様 交換工事後 リンナイ RUX-V1315FFDA-E
新しい給湯器はリンナイのRUX-V1315FFDA-E で、13号の給湯専用機です。
内蔵されているリモコンもデジタル表記になり、使いやすくなりました。

交換工事後 給湯器 配管部
神奈川県平塚市 I 様 交換工事後 リンナイ RUX-V1315FFDA-E 配管部
給水、給湯、ガス管も交換し、給水、給湯管には保温材を巻き、化粧テープで仕上げました。
試運転をし、お湯が出ることを確認して完了です。

このようにマーレは他の業者様がお断りするような施工も問題なく可能です。(設置基準等で不可能な場合もあります。)
プロの安心できる技術で住宅設備の交換、増設をご希望の方はマーレにご相談ください。


カテゴリ: 工事例


給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop