お客様の声・お知らせ・工事例

三洋電機空調株式会社の暖房熱源機「GS-R207S」からの交換工事例でございます。

2017年08月02日

皆さんお元気ですか? 床暖房スペシャリストのマーレです。
梅雨もあけ暑い日が続きますが、今日の施工例はあったかーいガス温水式床暖房の熱源機交換工事の様子をご紹介したいと思います。
「嫌がらせかよ!!」と思うかも知れませんが、どうぞ最後までご覧ください。
きっと暑さも吹っ飛ぶほどのマーレの技術力を知っていただけるかと思います♪

ご依頼いただきましたのは東京都の江戸川区にお住まいのお客様で、閑静な住宅街にある地上3階建ての立派なお宅でした。

ご依頼いただきましたきっかけは、床暖房熱源機の交換業者を探していたところ、ことごとく他社に断られ、東京ガスに頼むかないかなぁ・・・と諦めかけていたところ偶然マーレを見つけていただけました♪
まずお電話でお話をお聞きしましたところ、

「ん!?これはちょっと複雑そうだぞ!」

と思いましたので、たまたま都内にいたマーレは、お客様にお願いして現地調査のご協力をお願いしました。

早速ご訪問し、設置状況を拝見しますと、2階、3階のほぼ全部屋に温水式床暖房が敷設してあり、2階のベランダに熱源機は設置してありました。
熱源機さえ見てしまえばマーレにわからない暖房システムはありません。
すぐに後継機種をご提案し、概算金額もお伝えできました。

他の業者様からも見積りをとっていたのですが、その見積りの機種選定が間違っていることなどをお知らせし、あとはおいしいコーヒーをいただきながら談笑させていただきました。

ご依頼いただけたポイントは、
・すぐに現地調査で来てくれたこと。
・暖房システムに詳しく、信頼できそうだったこと。
・マーレの人間性も見て、信頼できそうだったこと。
とのことでした。

とっても、とっても、とっても、とっても、とっても、とっても大好・・・じゃないうれしいですね♪

マーレは普段からこういった信頼感からよく工事のご依頼をいただいております。
そりゃそうですよね、給湯器は安かったけど工事に来た人がちょっと・・・なんて思ってしまったら台無しですもんね。

マーレはその「工事に来た人がちょっと・・・ 」という不安、不満を無くしたいと本気で思っています。
誠実に対応させていただければ絶対に無くすことができることですから!

話が反れてしまいましたが、ここからが施工例です。
是非ご覧ください!!

施工前 熱源機
東京都江戸川区U様 交換工事前、三洋 GS-R207S
交換前の機種は三洋電機空調株式会社の GS-R207S でした。
据置タイプの暖房専用熱源機です。
2階、3階で、床暖房リモコンは7箇所、床暖房配管の回路数は8回路ありました。
お電話ではちょっと複雑そうだぞ!?と思いましたが、なんてことはない「増設外付け熱動弁ヘッダー」が設置してありました。
なんのこと??と思うかもしれませんが、マーレにとっては何の問題もない工事です♪
東京都江戸川区U様 交換工事前、三洋 型番
三洋電機空調株式会社の品名は GS-R207SB2-D です。
2001年2月製造ですね。よく交換工事する機種です。
東京都江戸川区U様 交換工事前、東京ガス型番
東京ガス型番は DS-207RSA-W6 となります。
20,000kcalタイプの大能力の熱源機です。
床暖房や他の暖房端末の熱量計算をしたところ、新しい機種も20,000kcal程度は必要です。←チェック!!

※さらっと書きましたこの「熱量計算」ができる業者とできない業者では雲泥の差です。
「熱量計算」 できない業者が商品を選定しますと、極端にオーバーな能力で、必要ないのに高額な機種を選定したり、最悪の場合、交換後に暖まらなくなってしまう場合があります。
暖房熱源機はこういった「熱量計算」 ができる業者に頼みましょう♪

東京都江戸川区U様 交換工事中、配管
ワシャワシャーッと配管や配線がありますが、全部必要な配管で、マーレはすべて理解して工事を行います。
すべて理解しないと配管をどこに接続していいのかさっぱりわかりませんからね。
「増設外付け熱動弁ヘッダー」 も新しくし、配管も配線もバッチリ問題なく接続しました。

施工後 熱源機
東京都江戸川区U様 交換工事後、リンナイ RH-K200W2-6
ちょっと暗くなってしまいましたが、新しい熱源機は リンナイ RH-K200W2-6 で、20,000kcalの高効率タイプの熱源機です。
ちょっとだけガス代がお安くなりますね♪

このようにマーレは「同機能、同能力」の商品を、ただ交換するだけではなく、家全体の設備状況、ご家族の人数、使用頻度等をお聞きしながら、最適な商品の選定、安価なお見積り、安心、安全な交換工事、マーレにお願いして本当に良かった☆という満足感をすべて叶えようと日々奮闘しております。

「インターネットで工事をお願いすると、どんな人が工事に来るかやっぱり不安・・・」
という方!!
マーレは絶対に安心していただく自信があります!!
マーレはお問合せ受付から工事まですべて自社で行う小さな会社です。
小さい会社な分お客様とも距離が近く、すべてにおいて真心を込めた販売・施工が可能となっています。

よかったら1度お問合せください♪
世間話でもしながら最適な商品をご提案させていただきますよ☆


カテゴリ: 工事例


埼玉県所沢市 M様 お客様アンケート

2017年07月19日

■お電話・メール対応はいかがでしたか?
1.とても満足  2.まあまあ満足   3.普通  4.やや不満  5.不満
ご回答欄: 1.とても満足

■作業員の対応はいかがでしたか?
1.とても満足  2.まあまあ満足   3.普通  4.やや不満  5.不満
ご回答欄: 1.とても満足

■工事の仕上がり具合はいかがでしたか?
1.とても満足  2.まあまあ満足   3.普通  4.やや不満  5.不満
ご回答欄: 1.とても満足

■WEBサイトの解りやすさはいかがでしょうか?
1.とても満足  2.まあまあ満足   3.普通  4.やや不満  5.不満
ご回答欄: 3.普通

■総合的な満足度を教えてください
1.とても満足  2.まあまあ満足   3.普通  4.やや不満  5.不満
ご回答欄:2.まあまあ満足

<よろしければご意見・ご感想をお聞かせください。>
ご感想: 「丁寧に工事をしてくださり、ありがとうございました。要望も聞いてくださり、助かりました。何かありましたら、また、お願い致します。」

M様 ご回答ありがとうございます。
またお困りごとがございましたら何なりとご相談下さい。


カテゴリ: お客様の声


またやってるよ!他社の扉内設置タイプの給湯器交換工事

2017年07月08日

皆さんご機嫌いかがですか?
安心、安全施工で有名なマーレです。

先日、東京都下の某マンションに現状回復工事(照明スイッチの交換や浴槽の交換工事)でお伺いしました。
室内で工事をしていると、隣のお部屋の共用廊下から聞き覚えのある工事音♪がしてきました。
これは!?と思い玄関からそれとなく出てみると・・・。

おっと!他の業者が給湯器の交換工事を行っているじゃあ〜りませんか!
それもマーレが大得意とするTES熱源機(暖房機能付きの給湯器)の交換工事です。
他の業者様が工事を行っているところなんてなかなか見られませんので、これはチャンス!と思い、お邪魔にならない程度にさりげなく廊下を歩いて近寄って行っちゃいました(^^ゞ
工事をしている業者様は結構名の知れているインターネットの安売り店様でした。

マーレ→マ
某業者→某
マーレの心の声→マ心

マ 「うちも同じような仕事してるんですよ♪」

某 「そうなんですか!?この季節は暑くて大変ですよね(>_<)」

マ 「本当にそうですね!しかも熱源機は重たいし大変ですよねぇ〜。」

某 「でも今日は2人で来てるんで良かったです♪」

というような世間話をしながらも新しく設置する機種をチラっと見ました。

マ心 「あ〜あ〜・・・。やっちゃったよ・・・。」

交換後、ある問題が起きてしまう機種でした。
おそらく販売はインターネットで行い、工事は下請けに流す方法で営業しているのでしょう。
販売から施工、アフターフォローまで一貫してちゃんと営業している業者なら新機種にこれは選ばないだろうなっていう機種です。

マ心「先に言ってあげるべきかな?でも余計なお世話だよな〜・・・。」

と思いつつ、あんまり長話してしまうとお邪魔になってしまいますので、その問題には触れずに現場に戻りました。
きっとこの後、この業者は次のような行動をとるだろうとマーレは予想しました。

1、施工スタッフ2人がこそこそ相談をする。
2、施工スタッフ2人のうち1人がどこかに電話する。(どこかとは販売店のことです。)
3、施工スタッフ2人のうち1人が車にある工具をとりに行く。
4、その工具でものすごい音をたてながらある工事をする。

そんな感じの流れになるだろうなとマーレは予想しました。
それから4時間程経ち、きっとこうなるだろうなと予想していたことが起きました。

「ギュイーン!ギィーーーーー!!ギュイーーーーーン!!!」

始まった!!と思いまたさりげなく外に出ました。
そうしたら先ほどお話していた方が、大汗を掻きながら扉内設置の給湯器には必ずある「鉄板の扉」を切っています。
こちらを見て苦笑い・・・。
扉を切り終わったあと、某業者の方のほうから話かけてきました。

某 「扉に排気筒が当たっちゃって・・・(*_*)」

マ 「そうなんですか?」  マ心 「そりゃそうでしょ!!」

某 「いつもこうなっちゃうんですよね(p_-)」

マ 「それは大変ですね(>_<)」  マ心 「いつもかよっ!?」

某 「メーカーも何とか排気筒が当たらないような給湯器を作ってくれないんですかね!」

マ 「その方がメーカーも売れると思うんですけどね!」  マ心 「うち扉が排気筒に当たったことないですけどねっ!」

とまぁこんな感じでお話をしました。
決して施工スタッフの2人が悪いのではないので、色々と教えてあげたかったんですけど、2人の工事屋としてのプライドや、何より同業者である以上はライバルですので、こちらも簡単に情報を与えるわけにはいきません。
心を鬼にしてマーレも何も知らないフリをしてしまいました。

てなわけで今回何が起きたかの写真をご覧ください。

交換前の排気筒
交換前、排気筒
さすがに他の業者が行う、施工前の写真は撮れなかったので、まだ交換をしていないマーレが入っていた現場の給湯器の排気筒の写真です。
型番は見ませんでしたが、排気筒の形からして松下電器産業の 「AT-366RSA4-AW2Q 」あたりではないでしょうか?
床暖房や浴室乾燥暖房機に対応可能な24号、フルオートの機種です。
本来は鉄の扉の中心から排気筒が出ています。
たしかにマーレがいつも提案する機種でも、若干排気筒は上下します。
新機種でも排気筒をぴったり中心にすることは可能ですが、別途部材が必要だったり、鉄の扉に排気筒が触れなければ問題ありませんので、基本的にはいつもそのまま交換しております。

それが今回の某業者が工事を行ったらどうなったかと言うと・・・。

交換後の排気筒(某他業者施工)
交換後、排気筒(某他業者施工)
あららららら〜・・・・・。
鉄の扉が無残にも切り刻まれています。
販売店が最適な機種を選定していれば切らなくてよかったのに・・・。
交換後、排気筒(某他業者施工)2
ペンキがはがれてしまっています。
切り刻んだ後、切り口がサビないようにペンキなどを普通は塗布するのですが、それもしない・・・。
何年後かにサビてしまうんではないでしょうか?

排気筒のずれ問題は、扉内設置の給湯器工事の基本中の基本です。
販売業者と工事業者が違う場合、こういった問題が多発します。
その理由としては、
販売業者は「給湯器が売れれば良い」、工事業者は「工事を終わらせて工事費がもらえれば良い」という両業者の自分勝手な考えからです。
結果として後々問題が起きるようなお客様のことを考えない交換工事となってしまうのです。

そもそもマンションの廊下は共用部になりますので、こういった扉の加工などは管理組合等の許可なく行うことはできません。
そのへんからも、こういった業者の建築、建設工事の経験や、知識の浅さがわかります。

扉内設置タイプの給湯器をお使いの皆様は本当に気をつけてください。
このようなことを何も知らずに販売・施工をしている業者はたくさんいます。
マーレにご相談いただければ何の問題もなく交換工事できますけどね◎

こういうのがまさに、

『後悔先に立たず』

と言うんでしょうね。

給湯器の扉が切り刻まれる前に安心、安全施工のマーレにご相談ください。
マーレが切り刻むのは、お客様の不安感と、お見積り金額の端数だけです!!



カテゴリ: 業務日誌


給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop