お客様の声・お知らせ・工事例

マンションPS設置でもエコジョーズに交換可能です!

2016年09月09日

ガス代が安くなる給湯器エコジョーズ。
かなり普及し、値段的にも買いやすい価格になってきました。
しかしエコジョーズの特性というか欠点があり(エコジョーズの構造上仕方ないことですが)、給湯器本体からドレン水が出ます。
少量の水なのですが、設置の規定上ドレン排水工事が必要です。
戸建の屋外設置などの場合は比較的簡単に排水工事を行うことができますが、設置場所上どうしてもエコジョーズの設置が困難な場所があります。
その代表的な場所が、マンションの廊下側(PS設置形)です。(可能な場合もあります。)
しかし、東京ガスや各給湯器メーカーで「ドレンアップ方式」や「三方弁方式」というドレン水を浴室に排水できる方式のエコジョーズが登場し、現在はマンションのPS設置形でもエコジョーズが設置可能になりました。

「ドレンアップ方式」
ドレンアップ システム図
ドレンアップ方式は給湯器のポンプで浴室の防水パンに直接ドレン水を排水する方式です。
東京ガスなどはこの方法でエコジョーズへの交換工事をお勧めし行うことが多いです。
施工方法としては、給湯器から浴槽の循環アダプターまでのおいだき管を利用します。
おいだき管は、浴槽からぬるくなったお湯を給湯器まで戻す「戻り管」と給湯器で温めなおしたお湯を浴槽まで送る「往き管」とで2本あります。
その2本を撤去し、おいだきの2本の管にドレン排水管を足した3本のトリプルチューブという新しいおいだき管を浴室まで配管しなおします。
3本の内の2本は今まで通り循環アダプターに接続し、残り1本を排水管として使用します。
建物によっておいだき配管がどのように浴室まで配管されているかわからないので、必ず現地調査を行い、施工が可能であるかどうかを判断する必要があります。

「三方弁方式」
三方弁方式 システム図
三方弁方式とは2本のおいだき管はそのまま使い、往き管をおいだき管とドレン排水管の両方で利用します。
往き管をおいだき管かドレン排水管どちらで利用するかを本体からの信号で切り替えるのが三方弁で、浴槽のエプロン(浴槽の外側の側面のふたのような部分)内に設置します。

三方弁ユニット (ノーリツ CVU-1)
三方弁ユニット 写真
給湯器本体内にドレン水が溜まったら給湯器からこの三方弁に、「ドレン水を捨てるから弁をドレン排水側に切り替えて!」と信号がきて、ドレン水が浴室の 防水パンに直接排水されます。
施工方法としては、浴槽のエプロン内に三方弁ユニットを取り付け、配管を少しつなぎなおすだけなので、ドレンアップ方式のように大掛かりな工事は必要ありません。
ただし、浴槽のエプロン内に三方弁ユニットを取り付けられるスペースがあるかどうかの確認が必要です。

「ドレンアップ方式」も「三方弁方式」にしても標準的なエコジョーズへの交換費用よりは給湯器本体、工事費、別途部材費などで高額になってしまいますが、給湯器は10年から15年と長く使う設備機器ですので、将来的な面も含めて検討していただければと思います。

なかなか施工可能な業者もいませんが、マーレは問題なく施工できますので、お気軽にお問合せください。


カテゴリ: お知らせ


神奈川県横浜市S様 リンナイ RUF-2006SAB → リンナイ RUF-A2003SAB(A) ガスふろ給湯器交換工事

2016年09月08日

今回は過去に施工を行った交換工事をご紹介します。
神奈川県横浜市のS様にご依頼いただいた工事で、マンションのPS扉内設置後方排気型のガスふろ給湯器の交換工事です。
物理的に施工が少し難しいことが多く、排気筒の接続工事もあるため慎重な施工が必要です。

交換工事前 給湯器
神奈川県横浜市S様 交換工事前 リンナイ RUF-2006SAB
交換前の給湯器で、リンナイのRUF-2006SAB です。20号のオートタイプ、後方排気型の商品です。
後方排気型の給湯器はほとんどがマンションなどのPSに設置されています。
神奈川県横浜市S様 交換工事前 リンナイ RUF-2006SAB 型番
1996年製で、施工日が2013年だったので、17年使用したことになります。
適切な施工がされればPS設置ですので雨にも濡れないので比較的長く使えるんですね!

交換工事前 台所リモコン
神奈川県横浜市S様 交換工事前 台所リモコン
交換前の台所リモコン リンナイ MC-53 です。
新しいリモコンは正方形になるので、交換後の壁の跡が気になりますが、壁がタイルですのできれいに掃除すれば跡は残らずに交換できそうです。

交換工事前 浴室リモコン
神奈川県横浜市S様 交換工事前 浴室リモコン
交換前の浴室リモコン リンナイ BC-54-1 です。
交換後も大きさはほとんど変わらないのできれいに交換可能です。

台所リモコン、浴室リモコン、給湯器と新しく交換するのですが、普段一番見える部分はリモコン部分です。
その部分は気持ちよく使っていただくためにきれいに交換するのは当たり前です。
マーレは普段あまり見ることのない給湯器の配管部分なども工事の際きれいに掃除します。

交換工事後 浴室リモコン
神奈川県横浜市S様 交換工事後 浴室リモコン
新しい浴室リモコン リンナイ BC-120V です。
精一杯きれいに設置しました。
マーレは新築の設備工事にもよく入ります。
その新築の浴室工事で他の業者さんが設置した浴室リモコンよりもきれいに設置します。
これは自信があります。そのくらい気を使って工事します。

交換工事後 台所リモコン
神奈川県横浜市S様 交換工事後 台所リモコン
交換後の台所リモコン リンナイ MC-120V です。
古いリモコンのビス穴が残ってしまいましたが、壁中にゴミや水が入らないようシリコンで穴を埋めました。
拭き掃除などをして壁の汚れは完璧に落としました。

交換工事後 給湯器
神奈川県横浜市S様 交換工事後 リンナイ RUF-A2003SAB(A)
交換後の給湯器 リンナイ RUF-A2003SAB(A) です。
交換前と同じく20号のオートタイプです。
お湯はり試運転後に、各配管漏れがないか検査し、保温材化粧テープを巻きなおしました。
給湯器裏側で排気筒が接続されていますが、その排気筒からも排気漏れがないことを確認しております。

このような排気筒接続が必要となる工事の場合、工事の前に業者にできるだけ設置状況を確認させる(現地調査)ことが大事だと思います。(マーレは無料でお伺いしてます。)
ネットの安売り業者にはなかなかできないことですが、場合によっては重大な事故を起こす可能性がある商品ですので、確認をさせた上で責任を持った施工を業者にさせることがお客様にとって1番安全で安心できる内容の工事になるとマーレは思っております。


カテゴリ: 工事例


インターネットショッピングで給湯器を購入するにあたって

2016年09月07日

今回は近年のインターネットショッピングでの給湯器安売り販売店の流れについて書こうと思います。
これはマーレが今までの経験から思うことで販売店すべてに当てはまることではありません。

最近のネット販売は本当に安いですよね!
そんな安売り販売店はどうやって営業を成り立たせているのでしょうか?
そういった部分を憶測ではありますがご説明したいと思いす。
「憶測」としましたが、マーレが今までやり取りをしたネット販売店すべてがこれから書くような流れでしたので、かなり正確な内容だと思います。

≪お問合せから工事まで≫編
①まずは商品の安さに釣られお客様から問い合わせがきます。
現在の給湯器の型番、設置状況等を聞きます。

②聞いた型番から後継機種を選定。
型番を聞けばどこのメーカーかわかるので、あとはメーカーに聞くだけ。
もしくはインターネットで型番を検索すると、色々な業者の施工ブログが出てきます。

③メーカーから聞いたりネットで調べた後継機種を金額も含めてそのままお客様に伝えます。
最近のネット販売業者は商品選定ミスの責任が取れないので、お客様が勝手に商品を決めて「買い物かご」へ入れるタイプも増えています。
そして商品をお客様宅へ発送する。完全な通販ですね!
工事費も標準工事費を定めているだけで、実際は交換工事の際に追加費用がかかることがほとんどです。

言ってみれば「誰でもできる」内容です。実際ネット販売店は商品知識としてはカタログ通り、工事に関してはまったく知りません。
ただ文房具や衣類品を通販で売っているように給湯器を売っているだけです。
そこには責任感も何もなく、「買ったのはそっちでしょ」スタイルです。
利益としては数千円レベルです。安いのは当たり前です。台数売れればそれで良いわけですから。
重大な事故につながる可能性のある商品を扱っているという感覚はあるとは思えません。
実際に売れた後はなにもフォローしてくれません。

≪工事からアフターフォローまで≫編

今度は商品が届けられたお客様宅へ交換工事でお伺いする下請け工事業者の流れです。

①ネット販売店から安い工事費で交換工事の依頼がきます。
安いけど、仕事がないよりマシという考えで工事を請けます。
当然丁寧に交換工事をしてやろう!とは思えません。
安い工事費がゆえに数をこなさないと話しにならないので施工は適当になります。

②安い工事費なので、材料にお金はかけたくない。つまり、本来換えるべき部材を再利用します。
換えるべき部材を換える場合は追加費用がかかります。
基本的に標準工事の内容が何かを知らないお客様がほとんどですので、その辺は業者のさじ加減です。何とでも言えます。

③工事後問題があった場合はまた適当にお伺いし、その場しのぎして帰って行きます。
自分ではどうしようもない時には「水道屋さんに言ってください」や「ガス屋さんに言ってください」など設備工事 屋としては恥ずかしい言葉を残し  帰っていきます。
一番悪質なのはまったくの見当違いな解決方法を提案し、大掛かりな工事をし、工事費を請求する。などです。

標準的な給湯器交換工事は講習で必要な資格を取り、重たいなどの物理的な問題はありますが慣れればやはり誰でもできます。
大事なのは交換工事をするだけではなく、長く問題なく使えるか、もし問題があった際アフターフォローはしっかりと対応してもらえるかです。
簡単に言えば、マーレを含むしっかりしたプロの設備業者は「責任を取ります!」という形で工事費を頂戴しております。
責任を取るには住宅設備すべてに精通する経験も知識も必要ですし、給湯器交換工事1つにしても家全体の設備を意識しつつ真面目に取り組むことが必要です。
良い業者というものは、決して施工が早くて価格が安い業者ではありません。
安易な安売りで責任を取らないスタイルではなく、適正価格で責任を取るスタイルで営業している業者です。
そういう良い業者は安売りをしなくても自然にお客様から頼られるので十分営業していけます。
マーレの勝手なイメージでは格安業者=安売りでしか勝負ができない業者です。(そうではない良い業者も中にはありますが)

給湯器は10年以上長く使う商品です。
交換の際「できるだけ安く」をテーマに買う方もいれば、「安心して長く使えること」をテーマに買う方もたくさんいます。
「できるだけ安く」をテーマに交換をしたはいいけど色々と問題が起き、10年後結果的には余計に高くなったというお話をお客様からよく聞きます。
マーレでは「安心して長く使えること」をテーマにし給湯器をいくらで買うかではなく、給湯器を誰からどんな工事内容で、何年使うかを考え、その中で適正価格で販売する業者に交換を依頼することがお勧めだと考えております。


カテゴリ: お知らせ


給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop