お客様の声・お知らせ・工事例

またやってるよ!他社の扉内設置タイプの給湯器交換工事

2017年07月08日

皆さんご機嫌いかがですか?
安心、安全施工で有名なマーレです。

先日、東京都下の某マンションに現状回復工事(照明スイッチの交換や浴槽の交換工事)でお伺いしました。
室内で工事をしていると、隣のお部屋の共用廊下から聞き覚えのある工事音♪がしてきました。
これは!?と思い玄関からそれとなく出てみると・・・。

おっと!他の業者が給湯器の交換工事を行っているじゃあ〜りませんか!
それもマーレが大得意とするTES熱源機(暖房機能付きの給湯器)の交換工事です。
他の業者様が工事を行っているところなんてなかなか見られませんので、これはチャンス!と思い、お邪魔にならない程度にさりげなく廊下を歩いて近寄って行っちゃいました(^^ゞ
工事をしている業者様は結構名の知れているインターネットの安売り店様でした。

マーレ→マ
某業者→某
マーレの心の声→マ心

マ 「うちも同じような仕事してるんですよ♪」

某 「そうなんですか!?この季節は暑くて大変ですよね(>_<)」

マ 「本当にそうですね!しかも熱源機は重たいし大変ですよねぇ〜。」

某 「でも今日は2人で来てるんで良かったです♪」

というような世間話をしながらも新しく設置する機種をチラっと見ました。

マ心 「あ〜あ〜・・・。やっちゃったよ・・・。」

交換後、ある問題が起きてしまう機種でした。
おそらく販売はインターネットで行い、工事は下請けに流す方法で営業しているのでしょう。
販売から施工、アフターフォローまで一貫してちゃんと営業している業者なら新機種にこれは選ばないだろうなっていう機種です。

マ心「先に言ってあげるべきかな?でも余計なお世話だよな〜・・・。」

と思いつつ、あんまり長話してしまうとお邪魔になってしまいますので、その問題には触れずに現場に戻りました。
きっとこの後、この業者は次のような行動をとるだろうとマーレは予想しました。

1、施工スタッフ2人がこそこそ相談をする。
2、施工スタッフ2人のうち1人がどこかに電話する。(どこかとは販売店のことです。)
3、施工スタッフ2人のうち1人が車にある工具をとりに行く。
4、その工具でものすごい音をたてながらある工事をする。

そんな感じの流れになるだろうなとマーレは予想しました。
それから4時間程経ち、きっとこうなるだろうなと予想していたことが起きました。

「ギュイーン!ギィーーーーー!!ギュイーーーーーン!!!」

始まった!!と思いまたさりげなく外に出ました。
そうしたら先ほどお話していた方が、大汗を掻きながら扉内設置の給湯器には必ずある「鉄板の扉」を切っています。
こちらを見て苦笑い・・・。
扉を切り終わったあと、某業者の方のほうから話かけてきました。

某 「扉に排気筒が当たっちゃって・・・(*_*)」

マ 「そうなんですか?」  マ心 「そりゃそうでしょ!!」

某 「いつもこうなっちゃうんですよね(p_-)」

マ 「それは大変ですね(>_<)」  マ心 「いつもかよっ!?」

某 「メーカーも何とか排気筒が当たらないような給湯器を作ってくれないんですかね!」

マ 「その方がメーカーも売れると思うんですけどね!」  マ心 「うち扉が排気筒に当たったことないですけどねっ!」

とまぁこんな感じでお話をしました。
決して施工スタッフの2人が悪いのではないので、色々と教えてあげたかったんですけど、2人の工事屋としてのプライドや、何より同業者である以上はライバルですので、こちらも簡単に情報を与えるわけにはいきません。
心を鬼にしてマーレも何も知らないフリをしてしまいました。

てなわけで今回何が起きたかの写真をご覧ください。

交換前の排気筒
交換前、排気筒
さすがに他の業者が行う、施工前の写真は撮れなかったので、まだ交換をしていないマーレが入っていた現場の給湯器の排気筒の写真です。
型番は見ませんでしたが、排気筒の形からして松下電器産業の 「AT-366RSA4-AW2Q 」あたりではないでしょうか?
床暖房や浴室乾燥暖房機に対応可能な24号、フルオートの機種です。
本来は鉄の扉の中心から排気筒が出ています。
たしかにマーレがいつも提案する機種でも、若干排気筒は上下します。
新機種でも排気筒をぴったり中心にすることは可能ですが、別途部材が必要だったり、鉄の扉に排気筒が触れなければ問題ありませんので、基本的にはいつもそのまま交換しております。

それが今回の某業者が工事を行ったらどうなったかと言うと・・・。

交換後の排気筒(某他業者施工)
交換後、排気筒(某他業者施工)
あららららら〜・・・・・。
鉄の扉が無残にも切り刻まれています。
販売店が最適な機種を選定していれば切らなくてよかったのに・・・。
交換後、排気筒(某他業者施工)2
ペンキがはがれてしまっています。
切り刻んだ後、切り口がサビないようにペンキなどを普通は塗布するのですが、それもしない・・・。
何年後かにサビてしまうんではないでしょうか?

排気筒のずれ問題は、扉内設置の給湯器工事の基本中の基本です。
販売業者と工事業者が違う場合、こういった問題が多発します。
その理由としては、
販売業者は「給湯器が売れれば良い」、工事業者は「工事を終わらせて工事費がもらえれば良い」という両業者の自分勝手な考えからです。
結果として後々問題が起きるようなお客様のことを考えない交換工事となってしまうのです。

そもそもマンションの廊下は共用部になりますので、こういった扉の加工などは管理組合等の許可なく行うことはできません。
そのへんからも、こういった業者の建築、建設工事の経験や、知識の浅さがわかります。

扉内設置タイプの給湯器をお使いの皆様は本当に気をつけてください。
このようなことを何も知らずに販売・施工をしている業者はたくさんいます。
マーレにご相談いただければ何の問題もなく交換工事できますけどね◎

こういうのがまさに、

『後悔先に立たず』

と言うんでしょうね。

給湯器の扉が切り刻まれる前に安心、安全施工のマーレにご相談ください。
マーレが切り刻むのは、お客様の不安感と、お見積り金額の端数だけです!!



カテゴリ: 業務日誌


Dr.マーレの高品質テナント工事について

2017年04月19日

どうもこんばんは、Dr.マーレです。

最近は暖かくなり、今日なんかは日中などは半そででも寒くないような1日でしたね。

今日マーレは埼玉県川口市の某マンションの暖房付きふろ給湯器の交換工事や、以前から工事に入らせていただいてます東京都渋谷区のテナント工事に行ってきました。

テナント工事の内容はと言いますと、TOTOのネオレストというタンクレストイレの設置工事、ガス給湯器の設置工事、キッチンの設置工事、ダウンライトの配線や器具取付の電気工事などテナント内の設備工事全般を承らせていただいております。

マーレって給湯器の交換工事しかやっていないと思われている方、実はそうじゃないんですよ♪

どちらかと言えばマーレは『住宅総合設備業者』で、ガス、水道、電気工事すべて可能です。

給湯器でもガス、石油(灯油)、電気(エコキュート、電気温水器)などがありますがすべて対応可能で得意です☆

コンロにおいてもガスコンロはもちろんIHクッキングヒーターや、ガスコンロからIHクッキングヒーターへの交換工事も可能です。

もちろん工事内容で得意、不得意もなく、すべての工事で高品質です☆

その他に木工事、壁紙張替えや塗装などの内装工事なども対応可能です。

要は家のことでご相談ごとがあったらマーレにご相談くださいって話です。

ってなことで渋谷のテナント工事もガス、水道、電気の工事はすべてマーレの高品質施工で行っております。

オシャレな感じで内装工事も仕上がってきていまして、オープンが待ち遠しいですね♪

お店がオープンしましたらお店の責任者様等から許可をとり、内装などをご紹介できればと思います。

というわけで今日はこのくらいにしておきます。

テナント工事って工事業者により仕上がりやオシャレ度合いが変わるので難しいものですね。

でもやってて楽しいものです☆

もしご自身のお店をオープンさせるなどで良いテナント工事業者をお探しの方、是非ご相談くださいませませ!!

マーレはきっと不安なくお任せいただける業者だと思いますよ◎


カテゴリ: 業務日誌


世田谷区FF式ふろ給湯器の交換と美容室改装工事の現地調査

2017年02月23日

こんばんはマーレです
「こんばんは」の表記が正しいのか「こんばんわ」が正しいのか迷う今日この頃ですが、本日は世田谷区の某マンションの屋内FF式ふろ給湯器の交換工事を行いました。
これといって問題もなく工事は完了したのですが、この「問題もなく」が簡単に言えるマーレの技術力の高さが出た現場でした。
詳しくは後日施工例に掲載させていただきますね。

その後は「元美容室だったテナントを改装し、また美容室を始めたい」と言うお客様からご依頼がありました、新宿区のテナントの現地調査に世田谷区の現場が終わり次第お伺いしました。

内容はシャンプー台の交換に関わる配管の位置替え、新規にトイレを設置。この辺はマーレにとってはいとも簡単な工事なのですが、あとは現在設置してあるオシャレな照明器具を、もっとオシャレな照明器具に交換といったセンスが問われるような内容です。

美容室で使われるセンスの良いオシャレな照明・・・・・・見当がつきません。

マーレは電気工事士の資格は持っているので、普段からエコキュートやエアコン、IHクッキングヒーターなどの工事は行います。
しかしそれらの機種はメーカーがセンス良く設計、製造し、その商品をマーレがセンスの良い工事で取り付ける。
と言う内容です。
今回は最初からマーレのセンスが問われる内容・・・・・う〜ん難しい・・・・・。
美容室の側出湯システムや業務用の給湯器などはわかるのですが、センスの良い照明器具・・・・・難しい。

それでもマーレは新しく美容室を開店するのにあたり心が躍っているお客様のために全力で器具選びをする所存でございます!

近々直接お客様とお打ち合わせをし、どんなイメージの内装で、どんな感じで照らしたいなどなどをお聞きし、お客様のイメージピッタリの照明器具を選ばせていただければなと思っております。

今日はまだまだ見積り作成で時間がかかりそうです。




カテゴリ: 業務日誌


1 2 3 4 5 next

給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop